2015年04月29日

残業代ゼロ制度 過労を助長しかねない(北海道新聞社説)

残業代ゼロ制度 過労を助長しかねない(北海道新聞社説)

リンクは30日0時で切れます
全文はこちらで↓
http://3coco.org/a/modules/d3pipes/index.php?page=clipping&clipping_id=20976

残業代ゼロ制度に関する北海道新聞の社説です。
労働者の見方北海道新聞ですね。

個人的にはこの点だけはいいと思います。

残業代に関しては、能力がなくてダラダラ残業する人に払うのはどうかと思いますが、
一般的には、自分のこなせる以上の仕事をやらざるえなく、
残業している例が多い思うので、労働の対価としてもらいたいものです。

サービス残業が横行している以上は、残業代ゼロ制度は問題のある制度だと思います。

現在は全体のごく一部の人だけが対象のようですが、
経済団体の要求で制度が広がらないか心配でなりません。

現在でも、管理職の人は基本的にもらえないわけですし、
労働時間と過労を減らそうとしているのなら、
むしろ残業代の割増を増やすくらいの方がいいのかもしれません。

経団連など経済団体の言いなりになっていると、
あらゆることが経営者の都合のいいようになるので、
注意が必要だと思います。
かといって労組を支持したいとは思いませんが…

絶対に残業しない人の時短(しごと)のワザ (アスカビジネス)

新品価格
¥1,620から
(2015/4/29 20:41時点)




2016年 残業代がゼロになる―政府・財界が進める「正社員消滅計画」のすべて

新品価格
¥1,512から
(2015/4/29 20:43時点)




↓株式会社SOHO人材市場↓

posted by けん at 20:46| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TPPで透明なルールを築く日米の責任 :日本経済新聞(社説)

TPPで透明なルールを築く日米の責任 :日本経済新聞(社説)

TPPでのルール作りが中国が主導して設立するアジアインフラ投資銀行(AIIB)に影響を与えるという日経の社説です。

個人的にはイマイチ理解できませんでした。
どう考えても結びつかないような気がします。
日経がTPPに賛成なのはよくわかりますが、
少し強引ではないでしょうかね。

AIIBについては、産経と読売以外は概ね参加しないことに関して、
懸念を示している記事が多かったです。

いつものごとく、北海道、東京、朝日新聞あたりはどこの国の新聞だといいたくなるようなものでした。

AIIBに参加して、中国の思惑通りになるくらいなら、
ADB(アジア開発銀行)にもっと投資を費やした方がいいと思います。

どちらにも参加して、両方で投資する資金が潤沢にあるのなら別だと思いますがね。

ただし、いつまでも追米しているのもどうかと思いますが、
追中よりはマシではないかと思います。

不参加が正解だったのか不正解は今後の成り行きを見ていかないとわかりません。

↓みんなのブログポータル[JUGEM]JUGEM PLUS↓



↓週刊ダイヤモンド単号・定期購読↓

ラベル:AIIB 中国 TPP
posted by けん at 19:47| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月27日

食料自給力 安全保障考える契機に(東京新聞社説)

食料自給力 安全保障考える契機に

北海道新聞に引き続き東京/中日新聞の食料自給率に関する社説です。

北海道新聞とは少し視点が違うようで、食料危機に関する記述が多いように思います。

「芋類中心型の食事なら、栄養は偏るものの必要量を三割程度上回る」みたいですが、
現実的には不可能でしょうね。

個人的は工業製品の輸出より、食料を自給する方が大事だと思います。
食料が底をついては生きていけませんからね。
当然、TPPには大反対です。
これ以上食料の輸入に頼るのは危険だと思います。
TPP参加当初は、農産物の輸入の面で折り合いがつかないなら、
TPPを諦めるような感じでしたが、今見てると妥結したいように思えてしょうがありません。

東京新聞の社説に納得したのは久々です。

↓【十津川農場】ねじめびわ茶↓



日本は世界5位の農業大国 大嘘だらけの食料自給率 (講談社 α新書)

新品価格
¥905から
(2015/4/27 15:00時点)




食料自給率100%を目ざさない国に未来はない (集英社新書)

新品価格
¥734から
(2015/4/27 15:01時点)

posted by けん at 16:13| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食料自給率目標 引き下げは安易すぎる(北海道新聞社説

食料自給率目標 引き下げは安易すぎる(北海道新聞社説)

食料自給率に関する北海道新聞の社説です。
29日0時でリンクが切れますw

農林水産省がカロリーベースの食料自給率目標を50%から45%に減らすようです。
現状で39%程度なので、理想目標より現実的な目標でいいと思いますが、
北海道新聞は、農業の意欲が下がると懸念しているようです。

目標って現実的でないと立てる意味がないと思いますがね。
50%というのは民主党政権時代の目標だったようです。
民主党の政策自体が理想論の塊でしたからね。

TPPが実現化されればさらに食料自給率が下がりそうな中、
どうやって食料自給率を高めていくかが重要ですが、
今のところはちょっとした農協改革程度で、
大した農業政策は行われていないと思います。

「数字いじりで農業はどう変わるのか」って書かれてますが、
目標を下げることが農業意欲に影響を与えると書いているのは誰でしょうか。

食料自給率を維持、高めていくなら、理想論ではなく農業の厳しい実情を把握することが必要ではないでしょうかね。

世界的に人口が増え、途上国が発展してきて来ている現状を踏まえると、
いつまでも食料を安く輸入できるか疑問です。
そうなってからあわてて農業対策をする前に、
今からきちんと対策を行うべきだと思います。

↓【十津川農場】ねじめびわ茶↓



日本は世界5位の農業大国 大嘘だらけの食料自給率 (講談社 α新書)

新品価格
¥905から
(2015/4/27 15:00時点)




食料自給率100%を目ざさない国に未来はない (集英社新書)

新品価格
¥734から
(2015/4/27 15:01時点)

posted by けん at 15:05| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月05日

米軍普天間・辺野古移設問題 河北・北海道・産経社説読み比べ

米軍普天間移設/対話を通じて打開の道探れ(河北新報社説 3/4)

辺野古基地移設 作業停止の政治決断を (北海道新聞社説 3/25)

辺野古移設/知事は停止指示の撤回を(産経新聞社説 3/24)


普天間基地移設、辺野古への移転の社説は色々とありました。
北海道新聞は毎度のことで政府批判、産経も毎度のことで政府支持で沖縄批判でした。
どちらも行き過ぎのような気がしますわ。でも両方に対話は必要との文言がありました。

そんでバランスがよくてわかりやすかったのが河北新報でした。
対話の重要性についてわかりやすく書いてありました。

中韓とは対話できなくても、沖縄県側と政府がなぜ対話をしないのかよくわかりませんわ。
このままいくと、北海道VS産経の議論が激しくなる一方で、
取り返しのつかないことになってしまうかもしれません。

沖縄県側が、安倍総理などと対話を求めているならば拒否するのではなく、
素直に応じて、対応すべきことは対応すべきです。

沖縄の住民が辺野古に反対なら、そのことに関して少しは耳を傾けないと、
独裁者といわれてもしょうがありません。
徹底的に議論すべきだと思います。

とアップしようと思ったら本日会談が行われたようです。
今月中に安倍総理も沖縄の知事と対談するようです。

もう少し前から対談すべきだったと思いますがね…

普天間基地問題から何が見えてきたか

新品価格
¥1,728から
(2015/4/5 18:49時点)




沖縄と米軍基地 (oneテーマ21)

新品価格
¥782から
(2015/4/5 18:51時点)


posted by けん at 19:26| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする