2016年05月12日

ベッキー効果で不倫ブーム到来!? 弁護士事務所は3週間待ち

ベッキー効果で不倫ブーム到来!? 弁護士事務所は3週間待ち

またストック記事なのですが、
不倫問題で休業してたベッキーが明日復帰するというのでコレをアップしておきますね。

ベッキー効果で不倫関係産業がウハウハらしいです。
不倫といえば、弁護士に相談しか思い浮かばなかったのですが、
慰謝料のために銀行のローンを組む人が増えているとか…

フリーローンならぬ不倫ローンだとか…爆笑
笑ってる場合ではありませんが…
不倫はその時は楽しいのかもしれませんが、
後々のことを考えると大損ですよ。
よく考えましょうね。

弁護士は成り手が多くて競争が激しいというので、
これからは離婚問題に強くなる弁護士が重宝されそうですね。
弁護士になるなら離婚問題に強い弁護士です。

はじめての不倫学 [ 坂爪真吾 ]
価格:885円(税込、送料無料)





不倫経済学 [ 門倉貴史 ]
価格:896円(税込、送料無料)


posted by けん at 14:05| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

好調マツダ 次の一手はいかに? 葉田邦夫 

好調マツダ 次の一手はいかに?

半年も前の記事で非常に古くて申し訳ありません。
たまに車の記事も良いかなと思って載せておきます。

昨年は円安の恩恵で潤った自動車業界ですが、
今年に入っての円高で恩恵がなくなりつつあるようですね。

人間もそうですがピンチになって初めて行動を起こすのですが、
やはりそれでは遅いですね。
好調なうちに手を打たないとピンチに打ち勝てません。

それでマツダなんですが、
マツダといえば以前はフォードの傘下のイメージしかなかったです。
最近では、クリーンディーゼルの技術で注目を集めてますね。
いつか忘れましたが、NHKのプロフェッショナル等でも
マツダの技術者の話が取り上げられていたような気がします。

記事によると、単独で生き残るのは難しく、
トヨタと提携を模索しているようですね。
マツダにはクリーンディーゼルの技術があるためトヨタにとっても魅力的なようです。

仕事がうまくいく7つの鉄則 マツダのクルマはな ぜ売れる?

新品価格
¥1,620から
(2016/5/12 11:53時点)




マツダ魂 孤高のロータリー&スカイアクティブ (SAKURA・MOOK 94 ビジュアル図鑑シリーズ)

新品価格
¥853から
(2016/5/12 11:55時点)


posted by けん at 12:05| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月08日

2016年は国産の原料を使ったお酒(クラフトビール・ワイン・日本酒)がブームになりさらにおいしくなる?

日本の職人の技術で、コンビニの安価な酒も旨い時代に!?

SPAの記事で短くて比較的簡単に読めました。
記事のタイトルは上記リンクの通りだったのですが、
タイトルと中身があまり一致していなかったため、
タイトルを変えてみました。

記事によると今年は今まで以上に国産原料を使ったお酒がおいしくなり、
流行るとのことです。

昔はよく地酒や地ビール等を買ってましたが、
最近は飲まないのでブームが起きてるのかはよくわかりません。

ただ、国産のものでもかなりおいしいワインやビールが出来てるということです。

国産ワインでは北海道にある「10R(トアール)」というワイナリーのが注目のようですね。
ここで作られるワインは北海道産の葡萄だけを原料にし、
葡萄農家の皆さんが作った葡萄を個々のワインにする受託醸造所のようです。

これにより、栽培農家の違いにより個々の個性的なワインができるとのことです。
せっかくこだわって作っても、他の農園のものと混ぜられるような頑張る意味もないですからね。
牛乳や米などでも同じことが言えると思います。

↓詳しくは10R HP↓
http://www.10rwinery.jp/

記事の最後におまけでコンビニの安い酒がおいしくなりつつあると書かれておりましたw




日本ワインガイド 純国産ワイナリーと造り手たち (純国産ワイナリーと造り手たち Vol. 1)

新品価格
¥3,780から
(2016/5/8 11:09時点)


posted by けん at 11:34| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月07日

テロ懸念で制限される米国民主主義

テロ懸念で制限される米国民主主義

続けてwedgeの記事です。
wedgeの記事はSPAと正反対で難しい記事が多くて読み応えがあります。

今回取り上げる記事もテロとアメリカ民主主義についてのもので少し難しい問題です。
アメリカの情報機関による国内監視権限の是非について
アメリカのニューヨークタイムズ紙とウォールストリートジャーナル紙が
それぞれ賛否の異なる社説をのせているようですね。

ニューヨークタイムズ紙については、リンク先で全文が読めるので
英語が得意な人、英語で読んでみたい人は是非読んでみて下さい。
数文しか読みませんでしたが、さすが英字新聞の社説とあって単語のレベルは高かったですw

いきなり英字新聞の社説を読もう思っても難しいので、
まずはこの記事で論調を読んでから読むと良いと思います。

ニューヨークタイムズはリベラル系で民主党支持色が強く、
ウォールストリートジャーナルは保守系で共和党支持色が強いのが特徴です。

今回の問題では、ニューヨークタイムズの記事が国内監視権限強化に反対で、
ウォールストリートジャーナルが賛成のようです。

監視権限を強化することで、テロが起こらなくなると言えるのなら良いのかもしれませんが、
なかなかそうはいかないと思います。

この記事に書かれている
「テロ対策の必要性と、人権や生活の便宜のバランスを良くとっていくべき」
まさにその通りだと思います。

「テロ対策」入門―遍在する危機への対処法

新品価格
¥2,700から
(2016/5/7 17:43時点)




たった一人のテロ対策

新品価格
¥1,728から
(2016/5/7 17:45時点)


posted by けん at 17:53| Comment(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月06日

レストランを経営する 甲子園の中段に打ち込んだ“怪物” 瀬間仲ノルベルト(中日ドラゴンズ)

レストランを経営する 甲子園の中段に打ち込んだ“怪物” 瀬間仲ノルベルト(中日ドラゴンズ)

久々の更新になりました。
久々にSPAではなくwedgeの記事です。

今回はブラジル出身の元野球選手瀬間仲ノルベルト氏の第2の人生についてです。
記事自体は3ページに渡っておりますが、難しい内容ではないので俺でも簡単に理解できました。

ブラジル出身のプロ野球選手にというのはあまり居ませんね。
確かヤクルトに居たような気がしますがそれ以外の球団では知りませんでした。

調べたらヤクルトはブラジルに育成施設を持っているようです。

ノルベルト氏は中日の選手だったみたいなのですが怪我もあって3年で戦力外になったようです。
シーズンが終わるとテレビで戦力外になった選手のドキュメンタリーが放送されておりますが
ドラフト下位の選手はすぐ戦力外にされるみたいですよね。
ほんと厳しい世界だと思います。

それで第2の人生でブラジル人が多くて有名な群馬県大泉町でブラジル料理店「カミナルア」を
開店したらしいです。

残念ながら食べログ等の情報はありませんでした。




戦力外通告 [ 遠藤宏一郎 ]
価格:1296円(税込、送料無料)


posted by けん at 19:38| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。