2016年07月29日

間違いだらけのエアコン選び&エアコン選びの処世術〜暖房編〜

間違いだらけのエアコン選び

エアコン選びの処世術〜暖房編〜


wedgeの多賀一晃氏によるエアコン選びに関する記事です。
上の記事が主に夏、下の記事が主に冬向けの内容となっております。
内容的に重なっている部分はありますが読み流すのがもったいなかったため少し古い記事ですがのせました。
両方とも長い記事なので大事なところだけ抜き出しますね。

・HEMS(ヘムス)⇒「Home Energy Management System(ホーム エネルギー マネジメント システム)」の略。             直訳すると家のエネルギーを管理するシステムで家庭で、
           使うエネルギーを節約するための管理システム
           (例えばエネルギー使用量の見える化、家電の自動制御など)
・エアコンの「送風」モードは、扇風機より省エネ
・『冷房:○○〜○○畳用』『暖房:○○〜○○畳』という記載⇒部屋の『密閉度』、『断熱度』の差
 ⇒密閉度・断熱度が低い家(古い家)は選ぶ際に要注意
・暖房でも使う人は、必ず「暖房」の畳数を見る⇒そうしないと部屋が温まらない可能性あり
・能力が足らない=フル稼働=省エネ運転不可(高い消費電力)
・『高天井(270cm)』『西向き窓』『ハイサッシ』『最上階』等で、実畳数の1.13〜1.28倍が必要
・消費電力を上げずに、涼しくなる方法⇒設定温度を下げずに風量を上げる
・上位機種と下位機種の違い⇒車のATとMTの違い(上位機種は自動制御、下位機種は人間が制御) 
                   うまく制御するには知識が必要⇒上位機種の方が楽に省エネを期待できる
・上位機種は管理できるリビングではなく管理できない寝室に設置するべし
・最近の機種では扇風機との併用の必要なし(特別な形をした部屋をのぞく)
・半年に1度は手入れをするべし(特に寝室のエアコン)※ケーブルに触れないよう注意
---------
・今の日本の住宅は、密閉度がよく換気ができない石油ストーブ(直火方式)は合わない
 ⇒換気ができないと酸素が減り、一酸化炭素が増えて危険
・電気ヒーターよりエアコン暖房の方が効率的⇒温める範囲が違うのでエアコンの方が非効率に感じるだけ
・省エネするには窓のサッシの密閉度が重要
・簡単に省エネ(断熱化)するには厚手のカーテン
・エアコン暖房で最もしては行けないことは、ずばり顔に温風を浴びること(顔以外を温める)
・夏は天井を舐めるように冷風を出し、冷気が降りてくるので部屋全体を冷やす
・冬は床を舐めるように温風を出し、暖気が上にのぼり部屋を温める
・サーキュレーター基本的に必要なし ※エアコンの上にかなりのスペースがある場合除く
・湿度は偏在しない
・温度が上がると、絶対湿度は上がる
・加湿し過ぎ⇒結露⇒カビの原因⇒結露防止には1分換気が有効
・暖房時は除湿不可⇒換気との連携プレイが不可欠




↓ウェブクルー ズバット引越しの無料一括見積もり依頼サービス↓

posted by けん at 18:12| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

民進党と改憲論 歯止め役の責務 自覚を(北海道新聞 社説)

民進党と改憲論 歯止め役の責務 自覚を(北海道新聞 社説)

久々の更新で申し訳ありません。
親知らずの抜歯等があり更新が空いてしまいました。
今回も北海道新聞の社説で、今回は民進党批判です。

批判といっても自民党批判の時のニュアンスとは少し違い、
擁護というか励ましに近いような内容に思います。

改憲に反対なのはよくわかってますが、
現状では国民投票で過半数を得られないと改憲はできないので、
改憲案で国民投票をしてみればと思うのです。

野党統一候補のために、政策を同じにする必要があるなら
最初から合併すればいいのにと思いますがね…

野党統一候補じゃないと勝てないってことはそれだけ支持がないということですよ。
諦めましょう。

北海道はこんな社説ばかりなので
民進党が強いのです。

民進党政権がいかに腐っていたかはすでに実証済みだと思うのですが…
現行メンバーじゃとてもじゃないけど無理です。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

超訳日本国憲法 [ 池上彰 ]
価格:842円(税込、送料無料) (2016/7/26時点)



商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

声に出して読みたい 小中学生にもわかる日本国憲法 [ 齋藤孝 ]
価格:1188円(税込、送料無料) (2016/7/26時点)

posted by けん at 11:57| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月19日

10代の投票率 向上へ工夫を続けたい(北海道新聞 社説)

10代の投票率 向上へ工夫を続けたい(北海道新聞 社説)

珍しく新しい社説を取り上げます。
この社説なんですが、タイトルからすれば何も変哲のないことが書かれていると思い読んだんですが、
北海道新聞らしい偏向があったんで急遽取り上げますね。
それで新しいものを取り上げたんです。

前半分はどこの新聞の社説でも書いてありそうな一般論が書かれていますね。
記事によると、18・19歳の投票率は45・45%だったようです。
全然思っていたより高いと思うのですが、
18歳の投票率が51・17%と、19歳の39・66%を大きく上回ったことが注目に値しますね。

高校などにおける 主権者教育のおかげで18歳投票率につながっていると書かれておりますが、
その主権者教育について後半部で文句をつけてますね。

北海道新聞は例のごとく主権者教育について「政治的中立を逸脱するような事例」
を自民党がホームページで募っていることが気に入らないようですね。

それを言ったら日教組に参加してる教員に主権者教育をさせてはならないでしょうが…

そもそも今回の選挙では10代の投票者は与党に票を入れてるとありましたがね。
北海道新聞的には10代が投票に行くと気まずいのではないのでしょうかね。
それとも自民党に入れてるのが憎いのでしょうか。

北海道新聞=反自民党という偏見があるのは確かですが…

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

「主権者教育」を問う [ 新藤宗幸 ]
価格:626円(税込、送料無料) (2016/7/19時点)



商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

高校生の参加と共同による主権者教育 [ 宮下与兵衛 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2016/7/19時点)

posted by けん at 21:44| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月12日

ススキの絶景で50万人 奈良・曽爾村の次の一手

ススキの絶景で50万人 奈良・曽爾村の次の一手

外国人観光客の記事に関連して村おこしの記事をアップしておきますね。
wedgeです。去年末の記事ですがこれからの時期にいいかなと思ったのでそろそろ載せますね。

奈良県東部、三重との県境曽爾(そに)村の村おこしが成功しているようです。
小さな村でも、頑張って村おこしをすれば観光客が来るという良い事例だと思います。

もともとは曽爾高原のススキを見に来る人たちで賑わっていたらしいのですが、
ススキの見ごろは秋なので観光客が秋に集中していたようです。

それを通年にできないかと、ファームガーデン、温泉などを作り、
観光客を通年化させていったもようです。曽爾高原ビールも聞いたことあります。

それで雇用が生まれて現在は施設の経営が黒字らしいですね。

そこまではいいとしてここからが独自の取り組みというか、
おそるべし個の力というかすごいところですね。

もともと村の1人が趣味で育てていた珍しい高級メダカを、
周りの地域住民にも広げ、「めだか街道」と呼ばれるようになっているらしいです。

点から線、線から面への広がりだと思いますね。
観光客誘致といえば税金を使い箱モノを作りがちですが、
そんなことをしなくても観光客を誘致できるという良い事例だと思います。

曽爾の四季

新品価格
¥2,592から
(2016/7/12 13:57時点)




奈良県 曽爾村 曽爾高原のススキのポストカード葉書はがき Photo by絶景.com

新品価格
¥100から
(2016/7/12 13:58時点)


posted by けん at 14:05| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

来道外国人客 入国審査さらに充実を(北海道新聞 社説)

来道外国人客 入国審査さらに充実を(北海道新聞 社説)

北海道新聞の社説です。
どうでもいいんですが北海道新聞の読者専用会員登録をしました。
制限がかかっていた記事も見れるらしいですがアップして皆が見れないのでは意味ないですw

というわけで本題に戻ります。
今回は外国人の入国審査に時間がかかる問題です。
これを社説にする必要があるのかもよくわかりませんが…

外国人がたくさん来てもいいように施設を充実させろとのことですが、
個人的にはそこにお金を使う余裕があるなら他のところに使えといいたいですね。

外国人が大量に来て買い物してくれれば、経済が潤うのかもしれませんが
それはごく一部だと思います。

その人たちがお金を払っての充実ならまだ許せますがね…

もし施設が充実し大量の外国人が来られても困りますね。
マナーのいい外国人だけ入国審査通すとかできないもんなのでしょうか。

マナーの悪い外国人は我々でも買えないようなものを爆買するのをみてることほどむかつくことはないです。
金で何でも買えると思ってるのかしりませんが金がない俺にしたらむかついてしょうがないです。

国際化が進む中、外国人観光客を入れるなとはいいませんが、
我々にまで迷惑をかけないでもらいたいです。

こういうことを書くと批判のコメントは来そうですが…




インバウンドの衝撃 [ 牧野知弘 ]
価格:864円(税込、送料無料)

posted by けん at 21:06| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする