2014年02月07日

授業能力改善に研修 学力向上本部会 小中教諭が報告 静岡

授業能力改善に研修 学力向上本部会 小中教諭が報告 静岡

授業能力の改善をしたからといって、学力向上するとは限らないと思います。
教師の質の問題もあるのかもしれませんが、生徒にも問題があるのかもしれません。
教師の差って、全国でそんなに差がないと思いますからね。
それより生徒の良し悪しが影響しているような気がします。
だから、教師をいくらよくしても生徒が良くならないとお金をかけて研修をしても無駄じゃないかと。

予備校で、カリスマ教師がいくらうまく教えても、生徒がイマイチなら学力もイマイチなのと同じです。

生徒を良くするためには教師の質を上げればいいのは確かですが、
それを数回の研修でどうにかするのは無理だと思います。

加えて、学力テストのために、模擬問題をやらせるのは学力向上に全く関係ないと思います。
小手先の学力向上は、何の意味もないと思います。
学力テストでいい結果が出て喜ぶのは教育委員会など教育関係者の自己満足に過ぎないと思います。

授業の腕をあげる法則 (教育新書 1)

新品価格
¥903から
(2014/2/7 02:19時点)


ラベル:教育 学力テスト
posted by けん at 02:30| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。