2014年02月18日

高校までの学習費、すべて私立で1677万円 公立校の3・4倍 文科省調査

高校までの学習費、すべて私立で1677万円 公立校の3・4倍 文科省調査

高校までの学習費が私立で公立の3.4倍という記事ですが、
中学までは義務教育なので私立に高い授業料を払っていくのは自由だと思います。
そこでいくら格差があろうと、気にする必要はないと思います。

問題は高校からだと思います。好きで私立に行く人はいいとして、
公立に入れなくて私立に入らざるをえなかった人をどうするかだと思います。
こういった人たちに重点的に援助できればいいと思いますが、
なかなか難しいのが現状じゃないかと思います。

文科省では「家庭の経済状況により教育格差が生じないよう、今後とも教育費負担の軽減を図りたい」としている。

そう思うなら、私立高校と大学への補助金を増やしてもらいたいです。

子どもにかけるお金の本―この1冊で確実に準備! (Como子育てブックス)

新品価格
¥1,365から
(2014/2/18 02:51時点)




進学格差―深刻化する教育費負担 (ちくま新書)

中古価格
¥43から
(2014/2/18 02:52時点)



ラベル:教育 教育格差
posted by けん at 03:04| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。