2014年03月07日

露原子力国営企業ロスアトム 福島事故後、計60基の原発輸出計画



ロシアの国営企業が原発輸出を盛んに行っているという記事です。
福島第1原発事故の後、受注件数が伸びているようです。

これを受けて日本の原発インフラ企業がどうするかですね。
賛否があると思いますが、個人的には受注合戦に参戦すべきだと思います。
日本でこれ以上原発建設が難しいので、海外で受注するしかないと思います。
せっかく高度な技術を持っているのに原発輸出をしないなんてもったいないです。

事故を起こしているのに、原発を輸出すべきではないという人がいますが、
日本が輸出しなくても、海外のどこかの国が輸出することになるので一緒です。

ロシアだって、チェルノブイリ事故を起こしているのです。
ロシアの技術より日本の方が高い技術を持っているのではないかと思いますが…

原発廃止で世代責任を果たす〜放射能汚染は害毒 原発輸出は恥〜

新品価格
¥1,680から
(2014/3/7 19:15時点)



タグ:ロシア 原発
posted by けん at 19:25| Comment(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: