2015年02月09日

悪問奇問なくならぬ入試『世界史』…あまりにマニアック「作問者の良心問われる」批判も

悪問奇問なくならぬ入試『世界史』…あまりにマニアック「作問者の良心問われる」批判も

有名私大を中心に、世界史のマニアックな悪問が横行しているという記事です。
記事自体は結構長いですがなかなか参考になり読む価値があります。

さて、この件については今に始まったことではなく、
昔から早慶を中心にマニアックな問題が出題されていたと思います。
悪問や奇問と言われようがそうしなければ、受験者を振るいにかけられないので
しょうがないのでしょうね。

記事にも書かれていましたが、東大など国公立大のように論述にすれば、
差別化ができるのかもしれませんが、受験者は国公立の数十倍はいるので
現実的には無理なので、悪問や奇問を出題となるんでしょうね。

これは世界史に限らず、日本史や地理にも言えることだと思います。

仕事に効く 教養としての「世界史」

新品価格
¥1,890から
(2015/2/9 21:36時点)




絶対に解けない受験世界史 (大学入試問題問題シリーズ)

中古価格
¥3,984から
(2015/2/9 21:37時点)


posted by けん at 21:43| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。