2015年07月02日

Jパワー、川崎重工 ごみから燃料製造 施設運営を開始

Jパワー、川崎重工 ごみから燃料製造 施設運営を開始

ごみから燃料を製造する施設が長崎県西海市に完成し、
運用を始めたとのことです。

一般廃棄物を炭化燃料とし、有効利用するのが目的。
循環型社会・低炭素社会の実現を目指しているとのことで、
二酸化炭素排出削減による地球温暖化防止などに役立ちそうな施設のようです。

採算性がどうなのかわかりませんが、
採算が取れる施設なら全国に普及してもらいたい施設だと思います。

↓炭化技術について↓
http://www.jpower.co.jp/news_release/pdf/news121105_1-3.pdf

持続可能な低炭素都市の形成に向けて (九州大学 東アジア環境研究叢書?)

新品価格
¥2,160から
(2015/7/2 11:50時点)



低炭素社会 (幻冬舎新書)

新品価格
¥821から
(2015/7/2 11:51時点)



posted by けん at 11:57| Comment(0) | IT・医療・科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。