2015年07月07日

JR北海道ローカル線廃線の動き 「提言書」には何が書かれているか

JR北海道ローカル線廃線の動き 「提言書」には何が書かれているか

タイトルどおりJR北海道のローカル線廃線の動きが活発化してきているらしいです。
JR北海道といえば、車両火災、線路のメンテナンス不足など様々な問題を起こしました。
ここ数ヶ月は、それほど問題になるようなことは起こってないような気がしますが、気は抜けないと思います。

その安全対策をするには費用が必要なのですが、
赤字路線を多く抱えているJR北海道には資金がないらしいです。
その費用を捻出するために、赤字のローカル路線を廃線にし、
安全対策に回そうとしているらしいです。

かっこよくいうと選択と集中なのですが、
簡単に地方のローカル路線を廃線をして良いものなのでしょうかね。

営利企業なのでしょうがないのかもしれませんが、
新幹線といい、おいしいところしかもっていかないような気がしてなりません。

鉄道事業以外の利益などを少しでも地方に回してもいいのかなと思います。

廃線にするのは簡単なことですがよく考えてからやってもらいたいものです。

男の隠れ家別冊 ローカル線の旅 2015夏 (サンエイムック)

新品価格
¥780から
(2015/7/7 11:07時点)




猫のたま駅長−ローカル線を救った町の物語

新品価格
¥1,296から
(2015/7/7 11:10時点)



posted by けん at 23:58| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。