2016年10月27日

北電蓄電池要請 風力の芽を摘まぬよう(北海道新聞社説)

北電蓄電池要請 風力の芽を摘まぬよう(北海道新聞社説)

29日以降↓
http://3coco.org/a/modules/d3pipes/index.php?page=clipping&clipping_id=29696

北海道新聞の社説からです。
色々とアップしたい記事はあるのですがどうしても社説ばかりですw

今回も前回の泊原発説明会に引き続き北電に関する記事ですね。

今年の春から、「道内で風力発電所を新設する事業者に対し、送配電網につなぐ条件として蓄電池の設置をもとめている」とは初耳でしたね。

これでは新規参入風力事業者が怒るのも当然ですね。
かとって今まで風力発電を行ってきた事業者にも蓄電池の設置を求める訳にもいかないし、
電力消費者にその分を求められてもどうせ反発ですね。

風力を含め再生可能エネルギーは不安定な供給なので、増えすぎる対応が難しいのは何となくわかります。
しかしながら、再生可能エネルギー発電を望む声がおおきいのも事実ですね。

原発はダメ、高い電力もダメ、二酸化炭素もダメとなると一体どうやって発電していけばいいんでしょうか。
個人と企業では当然考え方が違って当然ですね。

北電では北海道と本州の電力融通を図るため、北本連系の増設を推し進めて、
それで再生可能エネルギーの推進を図るとHPにはありますがどうなんでしょうね。
本当は泊原発をフル稼働させ電力を売りたいのかもしれませんがそこらへんはわかりませんw

↓北本連系設備増強の必要性(北電HP)↓
http://www.hepco.co.jp/energy/distribution_eq/reinforcement_need.html



↓挨拶状ドットコム(年賀)↓

posted by けん at 13:48| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: