2017年01月12日

バルミューダの新型炊飯器で「卵ご飯」を食べてみた!

バルミューダの新型炊飯器で「卵ご飯」を食べてみた! 蒸気だけで炊く、その実力は…

mixiニュースのコラムの新着記事からです。
新型炊飯器で話題になる位だから10万は超えると思ってみたんですが、
実際は大して高くない4万ちょいらしいですね。

トースターで2万だと思うと毎日食べるご飯の炊飯器の4万は破格の値段だと思いますが皆さんはどう思いますか?

3合炊きで保温機能がないらしいですが、これを買うようなリッチな家庭や女性はそんなに炊きませんから全然問題ないと思います。

ご飯は保温にしておくと確かにまずくなるので、おいしいご飯を炊くというコンセプトなら別に必要ないかもしれませんね。

高級な炊飯器と普通の炊飯器で炊いた米を食べ比べたことがないので何ともいえませんが、炊飯器がよければ高い米じゃなくていいのかなと思わなくもありません。

でも、この炊飯器を買うような人が安いコメを食うとは思いませんね。
炊飯器が良ければ米を落とし、安い炊飯器なら高い米という発想が恐らく貧乏性かもですね^^;;

米に限らず値段と味は相関関係がありますからね。
おいしいから高くて、いいものだから高いんですw

結局何をいいたいんだかわかりませんね^^;;



posted by けん at 19:36| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: