2017年02月08日

子どもたちに広がる「食の格差」

■貧困世帯の高校生、肉や野菜を食べられず夕食は3日連続でうどん 子どもたちに広がる「食の格差」 (キャリコネ - 01月24日 17:21)

久々の更新で申し訳ありません。

では本題です。
テレビでも色々と取り上げられてますが、シングルマザーの貧困問題が深刻のようですね。
お金がなくて、習い事に通えない位ならまだましな方で、食べるのにも苦労してる家庭があるようですね。

シングルマザー家庭に限らず、貧困家庭ほど栄養バランスが悪くて肥満が多いことは有名ですよね。お金がないとお腹が膨らむ炭水化物中心なのでどうしても太りやすくなるんでしょうね。

肉より魚を食べる方がお金がかかるし、野菜なんかたくさん食べても高い割にお腹ふくらみませんからどうしても食べないとなると体にいい訳がありませんね。

シングルマザー家庭にならなければと思っても、好きでなっている訳ではないですから責めることはできないですし、相手もいることなので防ぎようがないといえばないのかもしれませんね。

子どもを作る際は計画的にといえば、出生率が下がりそれはそれで問題なので難しい問題ですね。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

子どもの貧困の解決へ [ 浅井春夫 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2017/2/8時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

子どもの貧困ハンドブック [ 松本伊智朗 ]
価格:2376円(税込、送料無料) (2017/2/8時点)

posted by けん at 11:17| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: