2017年04月11日

赤ちゃん用ハイヒール販売の米企業に批判集中、女性の「物扱い」を助長?

赤ちゃん用ハイヒール販売の米企業に批判集中、女性の「物扱い」を助長?

世界ではちょっとしたことでも批判の対象になるようです。
はっきり言って赤ちゃん用のハイヒールに批判集中の意味が分かりません。
赤ちゃんの足に良くないのなら、まだわかりますが、
物扱いやジェンダー(性差)を助長となると全く持って理解不能ですね。
赤ちゃん用の服がなぜ性差があってはダメなのか理解に苦しみます。
どんな服であれ、親が着せたいものを着せればそれでいいと思います。
赤ちゃん用のハイヒールが気に入らないのであれば、履かせなきゃいいだけの話だと思うのですがね。

パターンレーベルの子供服ソーイング LESSON BOOK

新品価格
¥1,296から
(2017/4/11 17:49時点)



お姫様とジェンダー―アニメで学ぶ男と女のジェンダー学入門 (ちくま新書)

新品価格
¥821から
(2017/4/11 17:50時点)


posted by けん at 23:05| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: