2017年09月28日

プロvsアマチュア 仕事の争奪戦が始まった!シニアの働き方もネットで大変革の時代

プロvsアマチュア 仕事の争奪戦が始まった!シニアの働き方もネットで大変革の時代

今回は2013年の週刊ダイヤモンドの記事からです。
古い記事ですが、クラウドソーシングに関することで興味があったので載せることにしました。

2013年の当時はそれほど一般的ではなかったクラウドソーシングですが、
その後テレビ等でとりあげられ結構有名になったと思います。

ただ最近はピーク時に比べるとあまり聞かなくなったような気がします。

記事にも書かれておりますが、当初はプロ向けの仕事が多かったようです。
それが拡大していくうちに、お小遣い稼ぎができるということで認知されたように思います。

お小遣い稼ぎにしたら、単価はいいと思うのですが、
仕事だと思うと非常に単価が安いのが現状じゃないかと思います。

中には単価のいいものもあるのですがそういったものは非常に人気なので、
何か飛びぬけた実績がない限り受注は出来ない可能性が高いと思います。

実績を積み重ねるには仕事を多くとらないとダメなので安単価で受注するしかないんですよね。
なのでどうしても、発注側が強くなり、受注する側は条件をのむか辞退かしかなくなります。

もう少しどうにかして欲しいものです。今登録しているのはランサーズとクラウドワークスです。
両方、それなりには稼げますが時給に直すと悲しくなります(+_+)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クラウドソーシングでビジネスはこう変わる [ 吉田浩一郎 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/9/28時点)




posted by けん at 19:30| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。