2019年04月28日

気候変動で道内産品変容 道が影響予測 ジャガイモ・小麦・サケは減量

気候変動で道内産品変容 道が影響予測 ジャガイモ・小麦・サケは減量

久々に新聞記事からです。北海道新聞の2月の記事で、気候変動で道内産品がどう変わるかというものです。

記事によると、気候変動でやはり温暖化が予測されているようです。
温暖化すると、冬暖かくなりいいようには思いますし、冷害の心配が減るのでいいような気がしますが、いいことばかりではないようです。

降水量が増え、気温が上がり、農作物の管理が今以上に大変になるようで、農家にとっては頭が痛い問題ですね。晴れて気温が上がる分には水をまけばどうにかなることもありそうですが、雨でじめじめして温度が上がると病気や害虫の心配が出てきます。北海道らしい農作物栽培が難しくなれば、本州野菜と差別化はできないので北海道の優位さがなくなりますね。

海産物に関しても、寒流系のシャケ・ホッケなどが獲れなくなることが予測されてますね。
これらも、温暖化すると本州の魚と一緒になり、差別化が難しくなります。
農作物は、品種改良の余地がありますが、魚はどうもなりません。

気候変動に関しては、地球規模の問題なのでどうすることもできません。
自分が対策をしても、他がしなかったら全く意味がないので、最悪の事態を想定し地球規模で対策をするしかないと思います。
呑気なことを言ってる国や訳わからん言い訳をする国もありますが、強制的に対策をしないことにははじまりません。
対策を施し、予測と違えばそれはそれで良いのですが、その反対はもう手遅れになっている可能性が高いのです。その時、後悔しても遅いと思います。







[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

地球温暖化図鑑 [ 布村明彦 ]
価格:3024円(税込、送料無料) (2019/4/28時点)

posted by けん at 14:36| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。