2019年12月22日

「おむすび権米衛」のおむすびが大きいワケ

「おむすび権米衛」のおむすびが大きいワケ(前編)

「おむすび権米衛」のおむすびが大きいワケ(後編)


今回は久々に趣向を変え「おむすび権米衛」をとりあげたマイナビ農業というものの記事です。
首都圏で40店舗位あるチェーンのおにぎり屋さんなんですが取り組みを見て変わった取り組みをしていたので、取り上げることにしました。

お得意のwiki等があれば、特徴等を紹介するのが簡単なのですが残念ながらなかったですw

経営理念が「お米の消費拡大を通じて日本の農業に貢献」とのことで、それがおにぎりの大きさや米の高価買取につながっているようです。

おにぎりといえば経営理念にもある米で、米の扱いにはかなりこだわりがあるようです。
また、契約栽培は一般的ですが、店舗ごとに契約先が違い、米が違うというのにびっくりしました。
農作業の手伝いをすることも関係あると思いますが、店舗ごとに米が違うチェーンなんてきいたことありません。

それぞれの店舗でどこの米を使っているかはHPに載ってます。
具材が同じでも米が違えば味が違うのでそれはそれで面白いと思います。

他にも、環境に配慮した栽培方法で作られる米だったり、玄米のおにぎりがあったり、売り上げ目標の他に米の消費目標があったりで個人的には気に入りました。東京に行く機会があれば買ってみたいと思います。

おむすび権米衛HP↓
http://www.omusubi-gonbei.com/
posted by けん at 17:09| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。