2019年09月19日

1か月の給料は「マイナス2万円」……。ある技能実習生の給与明細の衝撃

1か月の給料は「マイナス2万円」……。ある技能実習生の給与明細の衝撃


外国人技能実習生の記事ですが、テレビ等でも色々と問題が指摘されている通りひどいです。
技能実習生という名ばかりで、実際は単なる労働力で、しかも給料が最低賃金を下回っているようです。

1か月日本人より働いて、給料がマイナスという事例もあるようです。

外国人は日本に技能実習という目的できているのは定かではありませんが、稼ぎに来ていることは確かです。
それでスキルが身につけばなおいいのでしょうが、スキル云々の話ではないようです。

加えて、日本に来るのには取次の機関があるようで、そこに大金を払わないと来れないし、その分のもとを取らないなら日本に来る意味がないです。

現状でこのような状態にも関わらず、なぜ外国人労働力の拡大をはかるのか全く理解不能です。
根本から改善しない限り、まともになりそうにないです。

そうなると、夜逃げする外国人労働者が増え、治安の悪化などにもつながりかねないのでどうかして欲しいです。

はっきり言って雇用主以外、誰にもメリットがないです。






posted by けん at 01:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

これぞ漁師メシ! 札幌場外市場で昼から食べたい絶品料理?

これぞ漁師メシ! 札幌場外市場で昼から食べたい絶品料理

久々にニュース記事というか雑誌記事をアップしておきますね。今回は札幌場外市場で食べられる海鮮丼です。
記事で紹介されているのは「ヤン衆料理 北の漁場」というところのですね。
名前は聞いたことがありますが行ったことはありません。観光客向けの店ですね。

HP↓
http://www.e-ichiba.jp/www/eat/

食べログ↓
https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010204/1004709/

食べログを見る限り評価はいいですが、やはり評価者は道外の人たちです。
北海道の海産物を食べたいなら、地元民がよく行くちょっと高級な回転寿司の方がおすすめですよ。

北海道といえばうに・いくら・カニが入った海鮮丼のイメージがありますよね。それには異論はありませんが、食べたいかというと全くですね。

3種の中で食べたいとしたらウニ位ですが場外市場でウニの入った海鮮丼を食べたいとは思いませんね。
物産展の海鮮丼よりはおいしそうですが、どうせ食べるなら、積丹(しゃこたん)や利尻・礼文などおいしいウニが獲れるところのがいいです。

実際、道民が場外市場で海鮮丼を食べることはまずありませんし、路面店の場外市場には行きませんね。




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

るるぶ北海道(’18)最新版 (るるぶ情報版)
価格:918円(税込、送料無料) (2017/8/13時点)

posted by けん at 15:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

有名ホテルの金目鯛チャウダーも!きんめ祭り6月開催

有名ホテルの金目鯛チャウダーも!きんめ祭り6月開催

珍しく最新の記事からです。今回は静岡県下田市で今月開催されているきんめ祭りというものを見つけたので紹介しておきますね。

中でも人気があるのは、6月4日(日)と18日(日)に提供される1貫200円のキンメダイの振る舞い寿司のようです。
記事によると、キンメのアラ汁も付くとのことなのでお得ですね。ただ限定250なのですぐなくなるでしょうね^^;;

あと、11日(日)と25日(日)には下田東急ホテル特製・総料理長自信作の「金目鯛チャウダー」が提供されるとのことです。寿司とアラ汁のセットの方が食べたいですがこれもすぐなくなるでしょうね。

その他にも色々とイベントが開催されるようなので、興味がある人は下田に行ってみて下さい。

詳しくは↓
http://www.shimoda-city.info/event/kinme.html



posted by けん at 17:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

バナナ 北海道新聞6月6日 卓上四季

バナナ 北海道新聞6月6日 卓上四季

今度は本日の卓上四季です。
先日テレビでバナナが病気で大変なことになっているとやっていたので
気になっていたところだったんですが
北海道新聞のコラムにもバナナの記事があったのでご紹介致します。

まずバナナのたたき売りき啖呵売(たんかばい)というらしいですね。
啖呵はほとんどの人が読めなかったと思います。

啖→漢検1級レベル  訓読みは啖う(くう・くらう)と読むらしいです。
呵→漢検1級レベル  訓読みはしか(る)、ふ(く)、わら(う)と読むらしいです。

バナナのたたき売りの発祥の地は門司港なんですね。

詳しくは(WIKI)↓
https://goo.gl/ww6z3y

そんで肝心のバナナの病気なのですが「原因はカビの一種「新パナマ病」の流行」というカビらしいですね。
日本のバナナの輸入先のフィリピンも対象地域なので影響を受けているらしいですね。
なので今後バナナの高騰が予想されると思います。

ところでバナナの生産量ってフィリピンがダントツ1位のような気がしますが、
実はインドが世界一ですよ。騙されないでくださいね。

なら輸出量1位がフィリピンなのかとおもったらそれは間違いで1位はエクアドルらしいです。
なぜエクアドルのバナナを日本であまり見かけないのかというと、
遠くて輸送運賃がかかるため高くなってしまうからそうですよ。

記事で紹介されていた本です。

江戸売り声百景 (岩波アクティブ新書)

中古価格
¥1から
(2016/6/6 19:59時点)




バナナに関する本です。

posted by けん at 20:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月21日

トップ営業マンが実践している“のび太式”テクニックとは?

トップ営業マンが実践している“のび太式”テクニックとは?

またSPAの記事なのですが
今回は営業術に関してです。

営業といえばイケイケ営業マンが巧みな話術で商談を成立させるというイメージが
ありますが必ずしもそうではないようですね。

この記事で紹介されているドコモの営業マンはそれと全く逆な感じだそうです。
商談相手からするとのほほんとして営業マンのペースではなく自分たちのペースで話が進む感じが
いいのかもしれませんね。

この営業マンによると大切なのは
『(す)ごいですね』『(な)るほど』『(お)教えてください』のす・な・おだそうです。

まとめると営業の極意は以下の通りだそうです。

・「大丈夫かな」と思わせる容姿が〇
・相手の表情、自身の声のトーンを見る
・トークの極意は「すなお」

恋愛だけでなくもっと他のことにも応用できそうですね。

もっと詳しく知りたい方は↓を読んでみて下さい。

のび太でも売れます。 トップセールスが明かす世界一ゆるい営業術

新品価格
¥1,404から
(2016/4/21 14:26時点)





↓週刊ダイヤモンド単号・定期購読↓

posted by けん at 14:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。