2016年07月08日

来道外国人客 入国審査さらに充実を(北海道新聞 社説)

来道外国人客 入国審査さらに充実を(北海道新聞 社説)

北海道新聞の社説です。
どうでもいいんですが北海道新聞の読者専用会員登録をしました。
制限がかかっていた記事も見れるらしいですがアップして皆が見れないのでは意味ないですw

というわけで本題に戻ります。
今回は外国人の入国審査に時間がかかる問題です。
これを社説にする必要があるのかもよくわかりませんが…

外国人がたくさん来てもいいように施設を充実させろとのことですが、
個人的にはそこにお金を使う余裕があるなら他のところに使えといいたいですね。

外国人が大量に来て買い物してくれれば、経済が潤うのかもしれませんが
それはごく一部だと思います。

その人たちがお金を払っての充実ならまだ許せますがね…

もし施設が充実し大量の外国人が来られても困りますね。
マナーのいい外国人だけ入国審査通すとかできないもんなのでしょうか。

マナーの悪い外国人は我々でも買えないようなものを爆買するのをみてることほどむかつくことはないです。
金で何でも買えると思ってるのかしりませんが金がない俺にしたらむかついてしょうがないです。

国際化が進む中、外国人観光客を入れるなとはいいませんが、
我々にまで迷惑をかけないでもらいたいです。

こういうことを書くと批判のコメントは来そうですが…




インバウンドの衝撃 [ 牧野知弘 ]
価格:864円(税込、送料無料)

posted by けん at 21:06| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

森林基本計画 地域資源を生かしたい(北海道新聞 社説)

森林基本計画 地域資源を生かしたい

北海道新聞社説からです。
森林の利用に関する社説です。
最近はSPAの記事を取り上げることが多くこの分野は久々かもしれませんね。

以前、wedgeのCLTに関する記事をアップしました。
どうやら今後の木材利用方法としてCLTが注目されているようですね。

CLT以前に日本の森林資源をどうするかが問題ですね。
これだけ森林があって多くを外国から輸入している現状をみると
どうにかしないといけないのは明らかだと思います。

外国では森林伐採による環境破壊が進んでますし、
永久的に木材を輸入に頼るのは限界があると思われます。

外国から輸入ができなくなってから、
国内の木材利用を推進しようと思ってももう手遅れです。

林業に携わる人材、加工する施設を今のうちにどう活用するか
知恵を絞ってほしいところです。

CLT(Cross Laminated Timber)については↓
http://www.clt-kenchiku.org/wdoc/?q=grp01

平成28年版 森林・林業白書 [大型本]

新品価格
¥2,376から
(2016/6/13 19:40時点)




森林飽和 [ 太田猛彦 ]
価格:1188円(税込、送料無料)



posted by けん at 19:57| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月12日

好調マツダ 次の一手はいかに? 葉田邦夫 

好調マツダ 次の一手はいかに?

半年も前の記事で非常に古くて申し訳ありません。
たまに車の記事も良いかなと思って載せておきます。

昨年は円安の恩恵で潤った自動車業界ですが、
今年に入っての円高で恩恵がなくなりつつあるようですね。

人間もそうですがピンチになって初めて行動を起こすのですが、
やはりそれでは遅いですね。
好調なうちに手を打たないとピンチに打ち勝てません。

それでマツダなんですが、
マツダといえば以前はフォードの傘下のイメージしかなかったです。
最近では、クリーンディーゼルの技術で注目を集めてますね。
いつか忘れましたが、NHKのプロフェッショナル等でも
マツダの技術者の話が取り上げられていたような気がします。

記事によると、単独で生き残るのは難しく、
トヨタと提携を模索しているようですね。
マツダにはクリーンディーゼルの技術があるためトヨタにとっても魅力的なようです。

仕事がうまくいく7つの鉄則 マツダのクルマはな ぜ売れる?

新品価格
¥1,620から
(2016/5/12 11:53時点)




マツダ魂 孤高のロータリー&スカイアクティブ (SAKURA・MOOK 94 ビジュアル図鑑シリーズ)

新品価格
¥853から
(2016/5/12 11:55時点)


posted by けん at 12:05| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月08日

2016年は国産の原料を使ったお酒(クラフトビール・ワイン・日本酒)がブームになりさらにおいしくなる?

日本の職人の技術で、コンビニの安価な酒も旨い時代に!?

SPAの記事で短くて比較的簡単に読めました。
記事のタイトルは上記リンクの通りだったのですが、
タイトルと中身があまり一致していなかったため、
タイトルを変えてみました。

記事によると今年は今まで以上に国産原料を使ったお酒がおいしくなり、
流行るとのことです。

昔はよく地酒や地ビール等を買ってましたが、
最近は飲まないのでブームが起きてるのかはよくわかりません。

ただ、国産のものでもかなりおいしいワインやビールが出来てるということです。

国産ワインでは北海道にある「10R(トアール)」というワイナリーのが注目のようですね。
ここで作られるワインは北海道産の葡萄だけを原料にし、
葡萄農家の皆さんが作った葡萄を個々のワインにする受託醸造所のようです。

これにより、栽培農家の違いにより個々の個性的なワインができるとのことです。
せっかくこだわって作っても、他の農園のものと混ぜられるような頑張る意味もないですからね。
牛乳や米などでも同じことが言えると思います。

↓詳しくは10R HP↓
http://www.10rwinery.jp/

記事の最後におまけでコンビニの安い酒がおいしくなりつつあると書かれておりましたw




日本ワインガイド 純国産ワイナリーと造り手たち (純国産ワイナリーと造り手たち Vol. 1)

新品価格
¥3,780から
(2016/5/8 11:09時点)


posted by けん at 11:34| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月06日

ブーム本格化でクラフトビールは高級嗜好品に!?

ブーム本格化でクラフトビールは高級嗜好品に!?

またSPAなんですが
今回はビールについてです。

ビールと言えば大手ビールメーカーのビールが思い浮かびますが
今回はそれではなくクラフトビールと呼ばれるビールについてです。

まずはクラフトビールって何ぞやト思った人もいるかもしれませんが、
何のことはない昔一時期流行った地ビールと大体同じ意味だそうです。

クラフト(Craft)=手工芸品を意味するので
職人さんの手の込んだビールといえばいいのでしょうかね。

そのクラフトビールの中でもIPA(インディアン・ペールエール)というのが人気だそうです。

IPAについては↓
http://beergirl.net/beer_chara/chara05/

ここで簡潔にまとめられております。
ホップを大量に使ったビールで、苦味と香りが強いのが特徴らしいです。

その原料となるアメリカ産のホップの需要が世界的高まり高騰しているらしいです。
日本産のホップは品種改良が進んでいないんでしょうかね。
どうせなら日本のもので日本らしく作って欲しいと思うのですがね。

クラフトビール (地ビール) 缶ビール 飲み比べ ギフト セット (18種18本)

新品価格
¥5,400から
(2016/4/6 09:41時点)




【クラフトビール 8種 330ml × 8本飲み比べセット 秋冬版 】 8本全てが違う味!

新品価格
¥4,050から
(2016/4/6 09:41時点)


posted by けん at 09:51| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする