2016年03月12日

孤軍奮闘の新日鉄 経済スパイ対策はまだ甘い

孤軍奮闘の新日鉄 経済スパイ対策はまだ甘い

またwedgeの記事です。
今回は経済スパイについてです。

日本の法整備がアメリカに比べ格段に遅れているようですが、
だんだんと法整備化がされてきているようです。
日本の企業の価値を守るためにも法整備だけでなく
アメリカのように取締をきちんとしないとダメですね。

経済スパイなんて別に大したことないように思えても、
軍事に関する技術などが漏れることを想定するとそうは言ってられないと思います。

パクリといえば中国企業を思い浮かべますが、
中国だけではなく韓国企業も問題になっているようです。

サムソン等に日本の電機メーカーの技術者が引き抜かれているというのを
聞いたことがあるので技術者個人もお金にとらわれることなく
自国の技術を大切にしてもらいたいものです。

中韓産業スパイ (日経プレミアシリーズ)

中古価格
¥381から
(2016/3/12 21:04時点)




↓引越しの無料一括見積もり依頼サービス↓

タグ:経済スパイ
posted by けん at 21:13| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本の放置林が宝の山に?新建材CLTの実力

日本の放置林が宝の山に?新建材CLTの実力

またまたWedgeの記事で、
今回は新建材CLTについてです。

「日本の林業の救世主として、薄く切った木材を何枚か直角に交わるように重ねたパネル状の新建材CLT(クロス・ラミネイティド・ティンバー、直交集成板)の実用化に期待が高まっている。」ようです。

まず私を含めCLTって初めて聞いたって言う人が多いと思います。

特徴として、コンクリート並みの強度で重量が5分の1らしいです。
木から作られるのですが耐火性もかなりあるとか。
地震にも強くて、森林が多い日本にぴったりの建材のようです。

おまけに工期がかからないというメリットもあるようですね。
書いてある限り、あまりデメリットはなさそうです。
既にヨーロッパではCLTでマンションが作られているそうです。

ヨーロッパは地震が少ないので、耐震性が多少なくても問題ないとしても
日本の出遅れ感は否めませんね。

日本でもようやく官民あげて普及を勧めようとしているなので
日本の林業の救世主となるよう頑張ってもらいたいです。

CLT建築推進協議会↓
http://www.clt-kenchiku.org/wdoc/?q=grp01

日本林業はよみがえる―森林再生のビジネスモデルを描く

中古価格
¥1,430から
(2016/3/12 20:21時点)




↓週刊ダイヤモンド単号・定期購読↓

タグ:林業
posted by けん at 20:29| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

【許されないビジネスマナー】仕事の遅刻や欠席をLINEで、携帯の着信を折り返さない…etc.

【許されないビジネスマナー】仕事の遅刻や欠席をLINEで、携帯の着信を折り返さない…etc.

くだらない記事やおかしな記事もあったSPAですが
今回のは少し役に立ちそうなので載せておきます。

ビジネスマナーについてです。
色々とNG行為が書かれてますが基本的に大事なことは
メールやLINEではなく電話でしないとダメってことですね。

あとはメールにしろ電話にしろ連絡があったものに関しては
折り返しや返信をするってことですね。

相手は意味があって連絡をしてきてるので返事は当然といえば当然ですが
忙しいときや外出しているときなどは忘れがちになることが多く注意が必要ですね。

あとは業界によっても違いがあるようなので、
周りをみてどうしたらいいか判断する必要もありそうです。

さすが!と言われる ビジネスマナー 完全版

中古価格
¥453から
(2016/3/9 10:45時点)




完全図解 仕事ができる! 男のビジネスマナー

新品価格
¥1,080から
(2016/3/9 10:46時点)


posted by けん at 10:56| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月07日

「日本企業の中国離れ」は止まらない

「日本企業の中国離れ」は止まらない

中国経済に関する記事2本目です。
前回と筆者が同じなので中国経済に悲観的な考えです。

日本企業の中国離れの理由は「日本と中国の賃金価格差の縮小」とのことです。
なぜ中国に進出したかと考えると賃金が安いからですよね。
それが高くなるともはや中国で作る必要はなくなりますからね。

「安くもない「Made in China」など誰も欲しがりません。」まさにその通りですね。
同じ値段なら他のところのものの方が安心できます。
ましてや、国産との価格差がなくなれば間違いなく国産を選びますからね。

それは「アベノミクスによる円高是正で日中の賃金格差が縮小」によるものらしいですね。
それで「日本企業の脱中国、国内回帰が加速」しているとか。

おまけに「TPP参加が国内回帰に拍車をかけている」ようですね。

「中国経済復活の鍵は日本の消費税増税にあるので、消費税は凍結あるのみ」
との考えのようです。
最後に関してはやはり賛否がありそうですがこれだけを読むと少し納得できる点はありますね。


新・中国2016 習近平体制がまるわかり(日経BPムック) (日経BPムック 日経ビジネス)

新品価格
¥980から
(2016/3/7 21:05時点)





中国、大失速 日本、大激動 世界情勢から見た、日本経済のゆくえ

新品価格
¥1,620から
(2016/3/7 21:06時点)



posted by けん at 21:15| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「中国経済は八方塞がり」そのヤバさ具合とは?

「中国経済は八方塞がり」そのヤバさ具合とは?

今回は中国経済についてです。
中国経済の成長が鈍っていることは知ってましたがこの筆者によると結構ヤバイようです。
自国の経済についてでもアナリストにより見方が異なるので外国の経済となると難しいところですがね…
おまけにSPAは産経グループの雑誌なので、中国に厳しくてもおかしくはありません。

本文中には色々と中国の行き詰まり具合がかかれてますが、長いですw
本文を読むより最後のまとめを読むと以下の2点のようです・

・中国は為替を固定しているため、金融政策が効かない
・財政政策もさらなるバブルを生むだけ

などの理由からヤバイようですね。

一方日本は

・日本は為替を固定していないので、金融、財政どちらも効果あり
・消費の低迷もその原因である消費税を減税すれば解決する

だそうです。
問題は消費税の減税ですね。
これに関しては賛否がありそうです。

中国バブル崩壊 (日経プレミアシリーズ)

中古価格
¥428から
(2016/3/7 20:29時点)



中国経済「1100兆円破綻」の衝撃 (講談社 α新書)

中古価格
¥333から
(2016/3/7 20:31時点)


posted by けん at 20:37| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする