2014年03月20日

スリランカ僧侶が悩みテーマに講演

スリランカ僧侶が悩みテーマに講演

タイトルの通りの記事なんですが、
スリランカ出身の僧侶、アルボムッレ・スマナサーラ氏の講演とのことなのでアップしました。

アルボムッレ・スマナサーラ氏の本って人気で
ブックオフで見つけたら大体仕入れますわ。

アルボムッレ・スマナサーラ氏の本を見ていつも日本語で本が書けるのかと思ったら、
日本の大学に留学で来て大学院まで出ているようです。

↓アルボムッレ・スマナサーラWIKI↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%9C%E3%83%A0%E3%83%83%E3%83%AC%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%8A%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%A9

大阪での開催で、定員が90名だったようですが60名くらいの出席だったようです。
本が売れているから講演も超人気か思ったらそうでもなかったようです。
申し込み制だと相当行きたくないと面倒ですからね。

個人的には結構売上に貢献してくれているので、気になってます。
売れ残ったら読もうと思ってもいつも売れてしまいます。

↓ヤフオクにアルボムッレ・スマナサーラの本出品中(新書6冊)↓
http://page16.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/u61071075

出品中の本を宣伝するためにアップしたようなものですw申し訳ありませんw


posted by けん at 16:33| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月07日

通信教育教材、相次ぎタブレット化 端末による学習で効率向上か



最近の教育ってITを使ったものが主流になりつつあるようです。
そのうち黒板が必要なくなる日が来るのかもしれませんね。
IT教材って作るのは大変ですが、1度作ってしまうと普及はさせやすいと思います。

記事にも書いてありましたが、ITを使うと不登校の生徒も、
家で学習できるようになるみたいですね。

問題はIT機器の導入費用かもしれませんね。
だいぶ安くなってきているとはいえまだ1台数万はしますからね。
来月に控えているXPサポートの問題でも買い替えのお金がないと聞きますからね。

ITを使い、勉強が効率的にできることにより学力が向上すればよいことだと思いますが、
すべてをITに頼っていると、文字が書けなかったり忘れたりするので、
ある程度のアナログは残しておくべきだと思います。

タブレットPC・スマホ時代の子どもの教育 学習につまずきのある子どもたちの可能性を引き出し、未来の子どもを育てる

新品価格
¥1,680から
(2014/3/7 16:26時点)




iPad教育活用7つの秘訣―先駆者に聞く教育現場での実践とアプリ選びのコツ

新品価格
¥2,100から
(2014/3/7 16:27時点)


ラベル:IT 教育
posted by けん at 16:36| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月18日

高校までの学習費、すべて私立で1677万円 公立校の3・4倍 文科省調査

高校までの学習費、すべて私立で1677万円 公立校の3・4倍 文科省調査

高校までの学習費が私立で公立の3.4倍という記事ですが、
中学までは義務教育なので私立に高い授業料を払っていくのは自由だと思います。
そこでいくら格差があろうと、気にする必要はないと思います。

問題は高校からだと思います。好きで私立に行く人はいいとして、
公立に入れなくて私立に入らざるをえなかった人をどうするかだと思います。
こういった人たちに重点的に援助できればいいと思いますが、
なかなか難しいのが現状じゃないかと思います。

文科省では「家庭の経済状況により教育格差が生じないよう、今後とも教育費負担の軽減を図りたい」としている。

そう思うなら、私立高校と大学への補助金を増やしてもらいたいです。

子どもにかけるお金の本―この1冊で確実に準備! (Como子育てブックス)

新品価格
¥1,365から
(2014/2/18 02:51時点)




進学格差―深刻化する教育費負担 (ちくま新書)

中古価格
¥43から
(2014/2/18 02:52時点)



ラベル:教育 教育格差
posted by けん at 03:04| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月07日

食の専門家「栄養教諭」 採用意欲は「西高東低」格差は20倍

食の専門家「栄養教諭」 採用意欲は「西高東低」格差は20倍

タイトルの通りなのですが、なぜこれほどまで格差があるのかというと、
採用基準が影響しているようです。

そもそも栄養教諭とは何ぞや?という人も多いと思います。
私も給食の栄養士のことかなと思ってたのですが違うようです。

↓栄養教諭Wiki↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%84%E9%A4%8A%E6%95%99%E8%AB%AD

これによると2005年に設けられた新しい職のようです。
なので知らない人が多いんじゃないかと思います。

栄養教諭にも他教員と同様免許が必要なようです。

おもに食育に関する教育を担当するようですが、
国が食育を進めるのなら、栄養士と同様に全国一律の基準を決めれば良いのではないかと思います。
肝心なときに都道府県の裁量に任せるからこういったことになるんじゃないかと思います。

タイトルには西高東低といありますが鹿児島と大分が近くても差があるので、
この表だけでは西高東低とははっきりいえないと思います。
若干西の方が高いような気がするくらいです。

文科省のHPに人数が載ってましたが、西高東低と言えるか微妙です。

↓栄養教諭配置人数↓
http://www.mext.go.jp/a_menu/sports/syokuiku/__icsFiles/afieldfile/2013/06/11/1257966_1.pdf

食育のススメ (文春新書)

中古価格
¥4から
(2014/2/7 21:26時点)




保育者のための食育サポートブック (from・to保育者books)

新品価格
¥1,890から
(2014/2/7 21:27時点)


ラベル:食育
posted by けん at 21:33| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

授業能力改善に研修 学力向上本部会 小中教諭が報告 静岡

授業能力改善に研修 学力向上本部会 小中教諭が報告 静岡

授業能力の改善をしたからといって、学力向上するとは限らないと思います。
教師の質の問題もあるのかもしれませんが、生徒にも問題があるのかもしれません。
教師の差って、全国でそんなに差がないと思いますからね。
それより生徒の良し悪しが影響しているような気がします。
だから、教師をいくらよくしても生徒が良くならないとお金をかけて研修をしても無駄じゃないかと。

予備校で、カリスマ教師がいくらうまく教えても、生徒がイマイチなら学力もイマイチなのと同じです。

生徒を良くするためには教師の質を上げればいいのは確かですが、
それを数回の研修でどうにかするのは無理だと思います。

加えて、学力テストのために、模擬問題をやらせるのは学力向上に全く関係ないと思います。
小手先の学力向上は、何の意味もないと思います。
学力テストでいい結果が出て喜ぶのは教育委員会など教育関係者の自己満足に過ぎないと思います。

授業の腕をあげる法則 (教育新書 1)

新品価格
¥903から
(2014/2/7 02:19時点)


ラベル:教育 学力テスト
posted by けん at 02:30| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。