2016年08月04日

福島のタブーに挑む・その2  被ばくデマ・風評被害の根絶 澤昭裕

福島のタブーに挑む・その2  被ばくデマ・風評被害の根絶 澤昭裕

またwedgeの古い記事です。
原発推進派の澤昭裕氏の福島の原発被害に関するコラムです。
コラムは前・中・後の3編構成でしたが、その中で1番共感できた中編のご紹介です。

中編では主に風評被害についての記載がありました。
いまだに福島のものは危ないとか安全ではないという人を結構見かけますからね。

こういった人たちは何を根拠に安全なのかわからないといいますが、
それをいうなら何を根拠に危険と言ってるのでしょうかね。

周りが危ない危ないと言うから避けているだけではないでしょうかね。
復興しようと思ってもこういった人たちがいるせいで、
福島産というだけで農産物も高く売れず
福島の人を困らせているのではないでしょうか。

復興を手助けするために、積極的に福島のものを買ってあげることが必要だと思います。
全部放射能検査をしているので何も問題はないと思いますが。

放射能が残っていたら健康被害が心配というのはよくわかりますが、
それをいうならたばこや酒だって健康に害があるのに摂取してますが。

子どもの前でたばこを吸うくらいなら福島のものを買ってあげてください。
それの方がよっぽど安全ですよ。

前編と後編については色々と賛否があると思うので興味がある人だけ読んでください。
除染や補償の問題はどこかで区切りをつけなきゃとは思いますが…
賛否がある著者なんですが、この記事の3週間後、がんで亡くなってしまったようです。
お悔み申し上げます。

前編(福島のタブーに挑む・その1  除染のやり過ぎを改める)
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/5790

後編(福島のタブーに挑む・その3  賠償の区切りと広域復興)
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/5795

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

精神論ぬきの電力入門 [ 澤昭裕 ]
価格:756円(税込、送料無料) (2016/8/4時点)



[図解]知らないではすまされない、エネルギーの話―澤昭裕のエネルギー教室

新品価格
¥1,008から
(2016/8/4 20:33時点)


posted by けん at 20:45| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月06日

欧米スポーツ選手の脱税や汚職事件、なぜ?

欧米スポーツ選手の脱税や汚職事件、なぜ?

アップしたいものはたくさんあるのですが
なかなかアップできなくてたまる一方ですw

今回も昨年末のwedgeの記事なんですが、
リオ五輪まで1か月らしいのでいい機会かなと思い載せることにしました。

まあ言われてみれば外国ではドーピングやスポーツ選手の脱税の話は聞きますが
日本ではあまり聞かないですよね。

最近ではロシアの陸上選手が何にもドーピング検査にひっかかり、
リオ五輪の出場が微妙とか報道されていますよね。

ドーピングといえばロシアなどの東欧諸国が思い浮かびますね。
背景に何かがあると思うしかないですね。

日本ではドーピングに限らず、違反行為があるとすぐ非難されますからね。
今年はバドミントンや巨人の選手の賭博があり厳しい罰が下されました。
ドーピングよりは明らかにマシだとは思いますが違法行為といわれればそれまでですが…

早稲田大学原田宗彦教授によると、日本人選手が違反行為をしない理由を以下の通りあげております。
・ピラミッド型社会で同質性が非常に高い
・教育的スポーツによる連帯責任システム
・武士道の倫理観(つまり悪いことをしない)


賭博とかがなければもう少し説得力がありましたがしょうがないですね。





図解入門よくわかるドーピングの検査と実際 (How‐nual Visual Guide Book)

中古価格
¥3,000から
(2016/7/6 13:03時点)


posted by けん at 13:17| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

就活面接の解禁 学生本位とは思えない

就活面接の解禁 学生本位とは思えない

久々に道新の社説いってみますね。
しかも最新の本日の記事です。

就職活動についての社説です。
就活については毎年毎年ルールが変わって
手探り状態のようですが一体いつ就活をすれば一番いいんでしょうね。

学業に支障が出ないなら3年の春休みと4年の夏休みと春休みです。
それ以外は授業が入っていていれば学業に支障が出ると思います。

俺が思うのに大学って高いお金を払って勉強しに行っているのに、
なぜ就活のために授業を休まないとダメなのか理解不能です。

俺のときは3年の春休みから始め、8月くらいまではほとんどの人が就活を終えていました。
そしてそのあと卒論を書いてるパターンが多かったです。

個人的には卒論を出す時期をもう少し早め、そのあとに就活をするなら納得できますね。
かといって全大学卒論があるわけではないですね。

そもそも大学に行くならその集大成として卒論位出さないと意味がないと思うのですがね。
卒論を4年の秋に出して、その後ゆっくり就活だったら学業には支障ないと思いますがね。

「3月に説明会を解禁し、4、5月に実質的な選考を行うのでは、
学生は就職のための十分な企業研究すらできないだろう。」と社説で書いたあった
道新はエントリーが5月上旬締め切り、採用試験が6月上旬みたいです。
去年が7月上旬締めで、8月上旬採用試験だったようです。

3月説明会4月試験と5月エントリー締めと6月選考大して変わらん気がするのは俺だけでしょうかね。
企業研究するって言っても知れてると思いますがね。

受かる!面接力養成シート [ 田口久人 ]
価格:1296円(税込、送料無料)




↓総合ウイルス対策ソフト「ESETセキュリティソフト」↓



posted by けん at 11:10| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月03日

「タダで海外に行ける」と噂の“運び屋”に応募してみた

「タダで海外に行ける」と噂の“運び屋”に応募してみた

色々と忙しくて間が空いてしまいました。
今回はSPAの記事です。
12月のものですが時事に関するものでは全くないので載せます。

タダで海外に行けるという噂の仕事は、
ハンドキャリーという仕事らしいです。

ハンドキャリーという仕事の名前自体は初耳だったのですが、
仕事の内容を読むと聞いたことがある仕事でした。

要するに緊急に荷物を届ける仕事のようです。
それでタダで海外に行けるとのことですが、
仕事を引き受けるのは簡単じゃないようです。

加えて、荷物の中身が薬物だったり輸送禁止のものを運んで捕まったりするイメージがありますが、
思っているほど、リスクが高い仕事ってわけでもないそうです。

日本にもハンドキャリー専門の業者があるようですね。

個人的には、国内から国内ならまだ興味がありますが、
海外は全くですね。
まあパスポートもないのでそれ以前の問題ですがw

↓A8ネット会員募集↓



初心者にでも簡単に始められるアフィリエイトサイトです。
アマゾンや楽天をはじめ大企業の広告がたくさんあります。
広告数が多く1000円以上の報酬でお金が振り込まれるのも魅力的ですよ。
自分で登録したり購入したりするとバックされる「A8セルフバック」
というのがあるのですぐ初心者でも簡単に1000円を越しますよ。
広告を貼るのがメインですが、セルフバックだけの利用でもお得じゃないかと思います。

楽天アフィリエイトよりは成果を出すのが難しいですが、
成果報酬の単価が高いです。

個人的にはアマゾンの商品とあとは気になる広告を掲載してます。
楽天の商品の広告も作成できますが
これは楽天アフィリエイトを直接やった方が成果が出るような気がします。




posted by けん at 11:11| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月12日

ベッキー効果で不倫ブーム到来!? 弁護士事務所は3週間待ち

ベッキー効果で不倫ブーム到来!? 弁護士事務所は3週間待ち

またストック記事なのですが、
不倫問題で休業してたベッキーが明日復帰するというのでコレをアップしておきますね。

ベッキー効果で不倫関係産業がウハウハらしいです。
不倫といえば、弁護士に相談しか思い浮かばなかったのですが、
慰謝料のために銀行のローンを組む人が増えているとか…

フリーローンならぬ不倫ローンだとか…爆笑
笑ってる場合ではありませんが…
不倫はその時は楽しいのかもしれませんが、
後々のことを考えると大損ですよ。
よく考えましょうね。

弁護士は成り手が多くて競争が激しいというので、
これからは離婚問題に強くなる弁護士が重宝されそうですね。
弁護士になるなら離婚問題に強い弁護士です。

はじめての不倫学 [ 坂爪真吾 ]
価格:885円(税込、送料無料)





不倫経済学 [ 門倉貴史 ]
価格:896円(税込、送料無料)


posted by けん at 14:05| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする