2017年06月12日

意外と知らないカフェインにまつわる6つの事実

意外と知らないカフェインにまつわる6つの事実

今回も前からアップしたかったカフェインについての記事です。
個人的にはカフェインというよりコーヒーが大好きなのでカフェインが気になるんですよね。
体にいいとか悪いとかいろいろと言われてますしね。ということでカフェインに関する6つの事実のご紹介です。
事実と言ってもまだよくわかってないこともあるみたいですw

その1:カフェのコーヒー1杯のカフェイン量はまちまち

コーヒーの木によってもカフェインの含有量にばらつきがあるとは初耳です。なのでコーヒーのカフェイン量は結構なばらつきがあるようです。

その2:エナジードリンクのカフェイン量はそう多くない

エナジードリンクはカフェインが多いというイメージがありますが、コーヒー以下のようです。
エスプレッソや玉露から見たら大したことはないのかもしれませんね。

その3:コーヒーやお茶を一番飲んでいる国民は?

「コーヒー党の多い国は?」ときかれたら、アメリカを連想するかもしれない。確かに全体的な消費量では、アメリカは有数のコーヒー大国だが、1人あたりの年間消費量で見るとフィンランド人のようです。
あとは北欧が消費量が多いようですね。北欧=寒いということはホットで飲むことが基本のようですね。

お茶に関しては、統計データによって相違があるが、日本茶業中央会の調査では、クウェートがダントツで、お茶好きが多い日本の2倍も飲んでいる。2位はアイルランド、3位はイギリスと、紅茶好きで知られる国が続く。総消費量でいえば、人口の多い中国とインドが二強となる。

クウェートが1番とは驚きですね。お茶が獲れる訳でも輸入してるイメージもありませんしね。
お茶と言えば中国、インド、イギリスあたりが思い浮かびますね。

その4:コーヒーを一番飲むのは研究職者・技術者

職業別にみると、コーヒーが最も大好きなのは研究職者・技術者となる。そのためか、カフェイン摂取に関する学術研究では、研究者自身を実験台にすることがよくあるという。次に多いのは、マーケティングや広報の仕事に従事する人たちで、その後に学校の管理職者、編集者・ライターと続く。ただ、「ブラックコーヒー」と条件を狭めると、なぜか裁判員や弁護士がトップに躍り出る。

頭を使う職業ほどコーヒーを飲むんでしょうかね。

その5:コーヒーは健康にいい?悪い?

これが1番気になるのですが、糖尿病などにはいいようですが、カフェインを摂り過ぎるとそれはそれでよくないようなのでほどほどが1番のようです。

その6:カフェイン飲料とアルコール飲料を一緒に飲むとどうなる?

酒を飲みながら、コーヒーやお茶を飲むことで二日酔いを避けられるだろうか?答えはノー。いつもより酔いを感じにくくなって、杯が進んでしまい、また利尿作用で身体の水分が奪われることで、かえって二日酔いになりやすくなるという。

そうらしいので気を付けて下さいね。




posted by けん at 10:45| Comment(0) | IT・医療・科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

何杯飲めばいい? 飲むタイミングは? コーヒーVS.緑茶

何杯飲めばいい? 飲むタイミングは? コーヒーVS.緑茶

今回はし好品に関する記事です。大昔の記事ではなく先月の記事です。
これもだいぶ前からアップしたいと思ってアップしてなかったものです。

肝心の本題ですが、結論を先に言うとし好品はほどほどにがいいようです。
ダイエットにしろ、健康にいいものにしろ何でもほどほどがいいようです。
体にいいからと言って偏食はやはりダメなようです。

俺はコーヒー大好きで1日中飲んでますが、カフェインの摂り過ぎは明らかなので、最近はカフェインレスを混ぜてカフェイン量を減らしています。

お茶のカテキンは、体に良くて有名ですよね。お茶にも結構カフェインが含まれているので飲み過ぎはよくないようです。熱湯じゃないと、カフェインが出ないというのは初耳ですが花粉症にいい緑茶のべにふうきは、熱湯じゃないとメチル化カテキンという花粉症にいい成分が出ないんですよね^^;;
花粉症のお茶も飲んでいるので、カフェインを減らせるところで減らさないとダメです。



posted by けん at 20:19| Comment(0) | IT・医療・科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

高須克弥著『その健康法では「早死に」する!』

巷のダイエットの中には“寿命を縮める危険なダイエット”も?

今回も古いのですが、ずっと前から気になっていた高須氏の本の書評記事です。
巷で流行っているダイエット方法への警告をしている本のようです。

まず、1日1食ダイエットについてですが、1食しか食べなきゃカロリー摂取が減り、一見痩せそうな気もしますが、空腹状態に炭水化物などの糖質を摂ると血糖値が上がり、大量のインスリンを出すため膵臓に負担をかけてよくないとのことです。

巷には、1日2食しか食べないとか言う人もいますが、以外にそういう人ほど太っていたりしますよね。テレビでやってましたが、お相撲さんは太る為に2食らしいです。

次に、単品ダイエットですが、今まで色々とありましたがどれも流行っても廃れてますよね。単品だと栄養のバランスが崩れるので一瞬痩せても健康的とは言えませんね。これも1日1食同様、体にいいとはいえないようです。もとに戻せば栄養の吸収がよくなるはずなのでリバウンドしますしね。

最後に、低炭水化物(糖質制限)ダイエット ですが、これもほどほどにしておかないとよくないらしいですね。これも糖質を制限すると痩せるらしいですが、これも減らし過ぎると先の2つのように問題ありのようです。糖質制限ダイエットを提唱した人が突然死したってこともありましたからね。制限もほどほどにということでしょうね。

ダイエットは運動などを健康的に無理なくやるのが1番なんでしょうが、楽に健康的には痩せれないので、日ごろから太らないようするしかないかと思います。

最近、民進党議員の発言をめぐりかなりお怒りの高須氏ですが、今回紹介した本の出版元が産経グループの扶桑社なんです。やはり朝日や毎日系の出版社からは出版しないのでしょうかね。余計なことも気になった1冊なのでした。

アマゾンでの価格など↓
http://mnrate.com/item/aid/4594066755

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

その健康法では「早死に」する! [ 高須克弥 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/5/26時点)



posted by けん at 20:20| Comment(0) | IT・医療・科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

どんぶり好きは要注意!早食いはデブの元になると判明

どんぶり好きは要注意!早食いはデブの元になると判明


WooRisという記事からです。発行元は小学館のようです。
今回は健康に関する記事で、どんぶりはデブの元になるというものです。
今となっては、炭水化物の糖質が血糖値を上げると知っている人が多いと思うのでそれほど驚きの記事ではないと思います。

記事が2013年ですから、糖質制限ダイエットブーム前だと思うので、この当時としたら結構驚きのきじだったのかもしれませんね。

記事にもあるように精製されたものの大量摂取がよくないとありますがまあその通りですね。急いで食べると太るというのも今や常識になりつつありますし、血糖値の急上昇が体によくないことも知っている人が多いと思います。

丼ものは野菜もありませんし、ご飯が進むものばかりでご飯もたべらさるので、いいことはないですね。雑穀のご飯でもあればいいと思うのですが、雑穀だとせっかくのおいしさが台無しということもありますね^^;;
吉野家などでも牛丼の他にサラダでも注文して先に食べればいいのですがサラダごとにお金を払いたくないですよね^^;;

美健丼―――美味しく食べて健康になる丼レシピ53

新品価格
¥1,296から
(2017/5/4 15:58時点)



血糖値が下がるCDつき がまんせず食べても糖尿病が自宅で治る決定本 (主婦の友ヒットシリーズ)

中古価格
¥582から
(2017/5/4 16:02時点)


posted by けん at 16:24| Comment(0) | IT・医療・科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

炭水化物食べた昼食後に猛烈睡魔の人 機能性低血糖症の恐れ

炭水化物食べた昼食後に猛烈睡魔の人 機能性低血糖症の恐れ

大昔の記事からですが、昼飯後に眠気が襲ってくる人は多いと思うので、当てはまる人が多いんじゃないかと思います。

数年前から、糖質制限がいいとか言われてますが、それ以前から一部では認識されてたようですね。ただ、糖質も全く食べなきゃ体に良くないというので適量って難しいんですよね。

俺もそうですが、炭水化物っておいしいし。お腹が膨れるんですよね。
糖質を制限した方がいいと整体の先生にも言われてますが、
飯から飯まで我慢できませんw
それで間食もしないとなると不可能に近いんですよね。

俺の場合、昼がパンや麺なので血糖値を上げやすいのはわかってますが、
どうにかしようと思ってもパンの前に大して食べるものがないです。
野菜でも食べればいいんでしょうが、ジャムとココナッツオイルのパンに野菜は合いませんしね。
麺の場合は、もやしを大量に食べてから麺を食べるようにはしてますが…

うつ症状やだるさなどは当てはまるのですが、食べたものじゃなくて体調により眠気が全然違うのでこれではないような気がします。

この記事に出ている溝口徹氏についてはブックオフ等で新書か何かを見たことがありますし、結構有名な先生のようですね。

新宿溝口クリニック↓
http://www.shinjuku-clinic.jp/

気になる人で東京近辺の人は一度診てもらいたい人もいると思いますが、診療費とサプリメント代を見ると庶民が行けるようなところじゃないですね。

費用↓
http://www.shinjuku-clinic.jp/price

これで完全に良くなり、体が楽になるならいいのでしょうが、これをずっと続けるのは庶民には不可能に近いです。
それにしても数万円のサプリメントって一体…

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

疲労も肥満も「隠れ低血糖」が原因だった! [ 溝口 徹 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/4/4時点)





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

薬がいらない体になる食べ方 [ 溝口徹 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2017/4/4時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「うつ」は食べ物が原因だった! [ 溝口徹 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/4/4時点)

posted by けん at 20:44| Comment(0) | IT・医療・科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。