2017年07月05日

減反は廃止されるどころか強化されていた―アメリカから言われなくても、減反は廃止すべきである―

減反は廃止されるどころか強化されていた―アメリカから言われなくても、減反は廃止すべきである―

今回は減反に関しての記事で少し重たい記事です。
減反って久々に聞きますが、まだまだ残存している制度のようです。

以前のような強制さはないものの、まだまだ米の取引価格に多大な影響を与えているようです。
実質は半強制になっているようですが…
それが2018年度廃止となるようですが、果たしてどうなるんでしょうかね。
名前だけ廃止して、別名で制度が残っているようでは意味がないですからね。

日本の主食の米を安定供給する意味では良い制度なのかもしれませんが、
この制度がある限り、消費者は高い米を買わされている羽目になっているような気がしますね。
それだけだとまだいいんですが、高いコメを食べて農家の収入補償のための税金を払っていると思うとどうも納得いきませんね。
コメ価格が安くなって、農家の収入が減りその分を補償するなら理解できますが、そうではないですからね。

米にしろ、他の作物にしろ、いかに安く作って高く売るか問われているように思います。
作る段階では、いかに農薬・資材・機械などを安く調達するかですね。
売る段階では、いかに付加価値を付けるかだと思います。
どちらも、努力せずには成し遂げられるものではないと思います。
手っ取り早く、農協の資材を言いなり価格で買い、
販路を農協に出すのでは努力している農家と比べ、収入が少なくて当然です。

農協は会社ではなく利益追求企業とは言えないのかもしれませんが、
農協の職員を養うための給料が必要です。
そのためには、農家の協力が欠かせません。

全てが全て農協が悪いとは言いませんが、農家の収入を増やし自立させたいなら農協は不要かと思います。
あるからそれを頼るのです。なければ、自分で仕入れ先と販路を見つけないとダメなのです。

農協って管轄の農協だけでなく、都道府県レベルの農協、そして全国を束ねる全農もあるので、
その人たちを雇う分のお金は農家からの手数料の合計をなると莫大な額です。

この費用を直接農家に配分すれば、そこそこの額になるように思いますがね。

ネットショッピングをしていると、頑張って直販をしている組織や農家を見かけますが、
自分たちで作ったものは、自分たちが責任を持って売るこのような状態が理想だと思います。

米の価格も、農協を通すより、自分たちが直接売った方が高くて当然です。
おいしければおいしいほど付加価値が付くのでやりがいもあると思います。

農協は、農家のための組織なんていうのは間違いで、農協は農協職員を養うための組織です。
農家のことを本当に考えているなら必要ないのです。

来年度から始まる減反廃止も農協・自民党の農林族・農水省などの圧力に負け、
今までとは何も変わらないような気がします。

支持率が落ちてる安倍内閣ですが、個人的には大胆な農協改革をやるなら喜んで投票しますよ。
郵政民営化のように、過激すぎて反発が起こる位でないと日本の農業はダメですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本農業は世界に勝てる [ 山下一仁 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2017/7/5時点)




posted by けん at 19:19| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ここでしか味わえない!飛騨高山の酒蔵こだわりの日本酒ソフトクリーム

ここでしか味わえない!飛騨高山の酒蔵こだわりの日本酒ソフトクリーム

久々にニュースからです。重たいニュースではなく今回はおいしそうなソフトクリームの紹介です。
それは飛騨高山の蔵元の日本酒ソフトです。
日本酒ソフトってあまり聞いたことがないです。本当のお酒が入っているらしく酔うらしいです。

蔵元に行くのに車で行くと、試飲も何もできないのでもったいないのですが、
場所が飛騨高山なので、他はローカル線でゆらゆらと行くしかないですからねw
駅からはそれほど遠くないので散策ついでならいいかもしれません。

日本酒ソフトがとりあげられてますが、それより何より俺はモカソフトの方が気になりますね。
飛騨高山でなぜモカソフトなのかはわかりませんがモカソフトの方がおいしそうです。

値段はどちらも350円とまあまあお手頃だと思うので、高山に行った際は寄ってみて下さい。

食べログ↓
https://tabelog.com/gifu/A2104/A210401/21012957/

じゃらん↓
http://www.jalan.net/gourmet/grm_guide000000174001/

じゃらんの方では結構高評価だと思います。



posted by けん at 19:12| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

意外と知らないカフェインにまつわる6つの事実

意外と知らないカフェインにまつわる6つの事実

今回も前からアップしたかったカフェインについての記事です。
個人的にはカフェインというよりコーヒーが大好きなのでカフェインが気になるんですよね。
体にいいとか悪いとかいろいろと言われてますしね。ということでカフェインに関する6つの事実のご紹介です。
事実と言ってもまだよくわかってないこともあるみたいですw

その1:カフェのコーヒー1杯のカフェイン量はまちまち

コーヒーの木によってもカフェインの含有量にばらつきがあるとは初耳です。なのでコーヒーのカフェイン量は結構なばらつきがあるようです。

その2:エナジードリンクのカフェイン量はそう多くない

エナジードリンクはカフェインが多いというイメージがありますが、コーヒー以下のようです。
エスプレッソや玉露から見たら大したことはないのかもしれませんね。

その3:コーヒーやお茶を一番飲んでいる国民は?

「コーヒー党の多い国は?」ときかれたら、アメリカを連想するかもしれない。確かに全体的な消費量では、アメリカは有数のコーヒー大国だが、1人あたりの年間消費量で見るとフィンランド人のようです。
あとは北欧が消費量が多いようですね。北欧=寒いということはホットで飲むことが基本のようですね。

お茶に関しては、統計データによって相違があるが、日本茶業中央会の調査では、クウェートがダントツで、お茶好きが多い日本の2倍も飲んでいる。2位はアイルランド、3位はイギリスと、紅茶好きで知られる国が続く。総消費量でいえば、人口の多い中国とインドが二強となる。

クウェートが1番とは驚きですね。お茶が獲れる訳でも輸入してるイメージもありませんしね。
お茶と言えば中国、インド、イギリスあたりが思い浮かびますね。

その4:コーヒーを一番飲むのは研究職者・技術者

職業別にみると、コーヒーが最も大好きなのは研究職者・技術者となる。そのためか、カフェイン摂取に関する学術研究では、研究者自身を実験台にすることがよくあるという。次に多いのは、マーケティングや広報の仕事に従事する人たちで、その後に学校の管理職者、編集者・ライターと続く。ただ、「ブラックコーヒー」と条件を狭めると、なぜか裁判員や弁護士がトップに躍り出る。

頭を使う職業ほどコーヒーを飲むんでしょうかね。

その5:コーヒーは健康にいい?悪い?

これが1番気になるのですが、糖尿病などにはいいようですが、カフェインを摂り過ぎるとそれはそれでよくないようなのでほどほどが1番のようです。

その6:カフェイン飲料とアルコール飲料を一緒に飲むとどうなる?

酒を飲みながら、コーヒーやお茶を飲むことで二日酔いを避けられるだろうか?答えはノー。いつもより酔いを感じにくくなって、杯が進んでしまい、また利尿作用で身体の水分が奪われることで、かえって二日酔いになりやすくなるという。

そうらしいので気を付けて下さいね。




posted by けん at 10:45| Comment(0) | IT・医療・科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

有名ホテルの金目鯛チャウダーも!きんめ祭り6月開催

有名ホテルの金目鯛チャウダーも!きんめ祭り6月開催

珍しく最新の記事からです。今回は静岡県下田市で今月開催されているきんめ祭りというものを見つけたので紹介しておきますね。

中でも人気があるのは、6月4日(日)と18日(日)に提供される1貫200円のキンメダイの振る舞い寿司のようです。
記事によると、キンメのアラ汁も付くとのことなのでお得ですね。ただ限定250なのですぐなくなるでしょうね^^;;

あと、11日(日)と25日(日)には下田東急ホテル特製・総料理長自信作の「金目鯛チャウダー」が提供されるとのことです。寿司とアラ汁のセットの方が食べたいですがこれもすぐなくなるでしょうね。

その他にも色々とイベントが開催されるようなので、興味がある人は下田に行ってみて下さい。

詳しくは↓
http://www.shimoda-city.info/event/kinme.html



posted by けん at 17:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

田中雅子著『日本一の「実行力」部隊 ユニクロで学んだ「巻き込み」仕事術』

異色のコラボ「ビックロ」実現の裏側にも?最強のユニクロ式仕事術


記事は2012年のものですが、本発売は2011年の5月なので6年前の本です。
ユニクロに関するビジネス書なので、少し興味を持ったのですが、
中身は微妙みたいですねw

アマゾンのレビューを見ると大荒れでしたわ^^;;
本の内容だけでなく著者の考え方からして問題ありというものもチラホラありました。

アマゾンレビューページ↓
https://www.amazon.co.jp/product-reviews/4478013977/ref=acr_dpproductdetail_text?ie=UTF8&showViewpoints=1

ユニクロといえば日本だけでなく海外でも認知されていると思いますが、内情はあまりよくないようです。買う側は安くてそれなりのものなのでいいのかもしれませんが、それをやるためにはきっと従業員が犠牲になってるんでしょうね。

離職率もかなり高い会社で、多くの人が数年で辞めていくようです。それを聞くと、この本を読みたいとは思いませんね^^;;
経営者にとっては、効率良く人を使い、いかにして業績をあげるかが重要なので共感できるかもしれませんが、使われる側にとっては迷惑な本と思うのかもしれませんw

チームで仕事をするといえば日本らしくて聞こえはいいですが、離職率などを見ると、その考え方自体に無理があるのかもしれませんね。
柳井氏は有名な社長ですが、恐らく社員に理想を求めすぎているのではないかと…実力とあまりにかけ離れていて、それが負担で離職するのでしょうかね。
いくら社長が有名で、スキルアップがはかれるとしても入社したいとは思いませんね。

ネット上の口コミが絶対とはいいませんが、あまりいい口コミは見かけないとするとよくはないんだろうなと想像はつきますね。

アマゾンでは中古は1円で売れ行きもイマイチのようです。
売れ行きと値段の推移↓
http://mnrate.com/item/aid/4478013977

ビックカメラ×ユニクロについては、なかなか考えたなと思いましたね。
現在もまだ新宿3丁目旧三越跡にあるようなので、コラボは成功しているんでしょうかね。成功してるなら、中国人などのアジア系の海外旅行者が好きそうなので、他にもう少しできても良いような気がしますがね。

佐藤可士和氏のプロデュースだそうですね。佐藤氏に関しては、NHKのプロフェショナルで取り上げられるくらい有名な人ですね。

ネットオフ楽天市場支店(送料310円)



ブックオフオンライン楽天市場店(送料300円)


posted by けん at 18:08| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする