2016年11月16日

「SEALDs」の限界は 今の日本のリベラルの限界 小谷哲男

「SEALDs」の限界は 今の日本のリベラルの限界 小谷哲男

久々にニュースというか気になった記事の紹介です。
今回はこれも久々のwedgeの記事で去年末のものですw
こういう記事は多少古い方が今との比較や予測のあたりはずれがわかりやすいと思うので
古いですが気にしないでください。

wedgeは原発再稼働に賛成の記事が載っていたり、今回の記事といいどちらかといえば右寄りの論調のようです。今回の記事もリベラルを批判してますね。
wedgeって右寄りで産経グループかと思ったら全然違いました^^;;
もともとは新幹線のグリーン車の機内誌だったようですね。
それにしてはずいぶん過激な内容が多いような…

さて本文ですが、個人的には少し右過ぎるような気もしますが納得できるところがほとんどですね。

「平和安保法制への国民の理解が深まらなかったのは、野党の非建設的な批判が影響した。」
まあ野党のせいだけにするのもどうかとは思いますが、
あれもダメこれもダメというのはいいんですが野党はそれで終わりですからね。
無責任極まりないといえばそれまでだと思います。

「野党やリベラル系メディアがこれを「戦争法案」と呼び、国民の不安を煽った。」
これはその通りだと思いますね。
いくら右の過激な人でも、日本で戦争をやりたいと思っている人なんてそうはいないと思います。

「有識者や市民団体、著名人も、法案の中身を理解しないまま、反対運動を繰り広げた。」
これは上記のメディアの影響でしょうね。
戦争法案と不安を煽ったのが原因だと思います。
誰だって戦争をするといえば、賛成する人はほぼいませんからね。

「現実主義者は勢力均衡の観点から日米安保を肯定し、理想主義者は「一国平和主義」の立場から非武装中立を唱え、議論を戦わせてきた。」

理想と現実どちらがいいと言われて現実と答える人なんて少ないですよね。
誰だって理想を望んでいるのはわかりますが、果たしてそれでいいのでしょうかね。
政治こそ現実的なものの考え方が必要だと思いますが…

「国際社会が直面する問題を解決するには、武力を否定し、対話を呼びかけるだけではだめなことは火を見るより明らかだ。」

これはまさしく正論。どっかの新聞は対話対話って社説で書きますが、
対話だけで物事が解決するほど甘くはないのです。

「「戦争反対、憲法守れ」とただ叫ぶ「SEALDs」の姿は空虚に映り、彼らの思考停止を物語っていた。」

交通規制はかかるし、うるさいし、ほんと迷惑なので意味のないことはやめて欲しいですね。
そういった人たちが目立つわりには、世論調査の結果を見ると大して割合が多くないのです。
ということは、デモを迷惑でアホらしいと思っている人が結構いるということですね。

「政権はそれをさらに発展させた「積極的平和主義」を国家安全保障戦略の哲学」

これを受け入れるしかないですがらしょうがないですね。まさに現実主義ですね。
日本の平和だけ守れば済むというのはどう考えてもおかしいです。あくまでもこれは理想です。

日本の平和だけ守るとしても、軍事にお金を使うな、自衛隊を軍隊化するな、アメリカ基地に反対などといい反対してどうやって日本の平和を守るのか理解できませんね。
これらは全部、現実的ではなくて理想です。
対案も出さずに反対するだけなら俺でも簡単に出来ますよ。ただ全否定して、あら捜しをすればいいだけですからね。

こういった記事は色々な人の記事を比較して読むといいですね。この記事は偏りすぎですがね…

以上かなり長くなりました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

戦争が大嫌いな人のための 正しく学ぶ安保法制 [ 小川和久 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2016/11/16時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

憲法9条と安保法制 [ 阪田雅裕 ]
価格:2808円(税込、送料無料) (2016/11/16時点)

posted by けん at 00:32| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月31日

全国学力テスト 結果を指導に生かそう(北海道新聞社説)

全国学力テスト 結果を指導に生かそう(北海道新聞社説)

11月3日以降↓
http://3coco.org/a/modules/d3pipes/index.php?page=clipping&clipping_id=29766

また北海道新聞社説からです。
今回は小学生と中学生対象に行われている全国学力テストについての記事です。

北海道は昔から全国より頭が悪いので驚くことはありませんが、
今回も全国平均を下回っていたようです。
ただ下位と上位の差が縮まったようなのはいいことだと思います。

ただその裏側では学力テスト対策といったものが行われているとは初耳ですね。
学力テストでいい点数を取るために対策したい気持ちはわかりますが、
それでは本当の学力はわかりませんね。
テスト前の一夜漬けと一緒で大して意味がありませんからね。

どんな問題なのかは見てないのでわかりませんが、
過去問を解くのはどうかと思いますね。
学力の経年変化を見るためのテストなので、傾向を変えては意味がありませんから、
どうしても似たような問題になってしまうのは仕方のないことです。

その一方で、社説では競争することに否定的ですが、
個人的には学力向上のためには競争は不可欠だと思います。
抽出方式でやるとそれはそれで抽出の仕方により結果が異なるし、
小中学生対象なら義務教育なので全員に受けさせて当然だと思います。

今回も、経済状況と学力の関係性が明らかになったようです。
これは早急に改善する余地はありますが、そう簡単に改善されるとは思えませんね。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「学力」の経済学 [ 中室牧子 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2016/10/31時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

今求められる学力と学びとは [ 石井英真 ]
価格:972円(税込、送料無料) (2016/10/31時点)

posted by けん at 14:19| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

北電蓄電池要請 風力の芽を摘まぬよう(北海道新聞社説)

北電蓄電池要請 風力の芽を摘まぬよう(北海道新聞社説)

29日以降↓
http://3coco.org/a/modules/d3pipes/index.php?page=clipping&clipping_id=29696

北海道新聞の社説からです。
色々とアップしたい記事はあるのですがどうしても社説ばかりですw

今回も前回の泊原発説明会に引き続き北電に関する記事ですね。

今年の春から、「道内で風力発電所を新設する事業者に対し、送配電網につなぐ条件として蓄電池の設置をもとめている」とは初耳でしたね。

これでは新規参入風力事業者が怒るのも当然ですね。
かとって今まで風力発電を行ってきた事業者にも蓄電池の設置を求める訳にもいかないし、
電力消費者にその分を求められてもどうせ反発ですね。

風力を含め再生可能エネルギーは不安定な供給なので、増えすぎる対応が難しいのは何となくわかります。
しかしながら、再生可能エネルギー発電を望む声がおおきいのも事実ですね。

原発はダメ、高い電力もダメ、二酸化炭素もダメとなると一体どうやって発電していけばいいんでしょうか。
個人と企業では当然考え方が違って当然ですね。

北電では北海道と本州の電力融通を図るため、北本連系の増設を推し進めて、
それで再生可能エネルギーの推進を図るとHPにはありますがどうなんでしょうね。
本当は泊原発をフル稼働させ電力を売りたいのかもしれませんがそこらへんはわかりませんw

↓北本連系設備増強の必要性(北電HP)↓
http://www.hepco.co.jp/energy/distribution_eq/reinforcement_need.html



↓挨拶状ドットコム(年賀)↓

posted by けん at 13:48| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月21日

「泊」札幌説明会 これでは理解は難しい(北海道新聞社説)

「泊」札幌説明会 これでは理解は難しい(北海道新聞社説)

22日以降は↓
「泊」札幌説明会 これでは理解は難しい(北海道新聞社説)

先月の泊原発の安全対策についての説明会についての北海道新聞社説です。

北海道新聞なので、泊原発賛成論調ではないのは読まなくてもわかりました。
まず、札幌で原発の説明会をやってどういう人が来るかというと原発反対の人だと思いますね。
原発に賛成の人が説明会に行って質問なり同調するとは思えませんからね。
となると、質問は基本的に反対派の質問で、北電担当者VS説明会参加の反対派の対立構造になりますね。

その両者が説明会で両者納得なんありえません。
個人的にはやっても無駄かなと思いますね。

北電側にしたら、しょうがなくやっているんでしょうね。
アリバイ作りと言われてもしょうがありませんし、
いくら長時間やっても無駄です。

色々と制限を設けないといつ終わるかわかりませんから、制限してよかったと思います。

そんな中北電の担当者が、
「再稼働しないのが安心だという意見は、その通りだと思う」
との本音を言ったのにはびっくりです。
これは明らかに失言ですね。

社説ではこの発言では、北電側がいくら安全性を説明しても納得がいかないとかかれてましたが、
果たしてそれが原因ですかね。
恐らくですが、この発言がなくても、説明会参加者は絶対といっていいほど納得しないと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

原発プロパガンダ [ 本間龍 ]
価格:885円(税込、送料無料) (2016/10/21時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

原発と日本の核武装 [ 武田邦彦 ]
価格:993円(税込、送料無料) (2016/10/21時点)



posted by けん at 00:36| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

タマネギ讃歌(北海道新聞 卓上四季)

タマネギ讃歌(北海道新聞 卓上四季)

北海道新聞の卓上四季というコラムです。
いつもは安倍政権の批判や皮肉たっぷりのことが多いような気がします。

今回は玉ねぎに関するコラムで久々に共感できたので載せておきますね。
玉ねぎは色々と用途があり、保存性もいいので重宝しますよね。
我が家でも毎年20kgの玉ねぎ袋入りのものを購入して、春までそれを食べてますわ。

その玉ねぎなんですが、今年は新玉ねぎの主要産地である佐賀で病気、
この時期で回る北海道のものは8月末と9月の台風で壊滅的被害を受けて高騰しているそうです。
本州では結構値上がりしてるらしいですが北海道ではそれほどではありませんね。

こういう時位は、多少高くても生産者のことを考えて買ってあげるべきなの知れませんが、
私を含め皆高いと敬遠してしまいがちですよね。

北海道でも例年よりは多少高いですが、
小玉サイズは相変わらず激安スーパー等には安く売られてます。

こういうものを捨てずに食べることも大事ですが、
規格にこだわりすぎず、もっと買ってあげて食べるようにならないとダメだと思います。
スーパーで売られているのは正規品だけで、どれだけ規格外があるんでしょうかね。

「タマネギはエライけれども、ほめるのは逆境でも育てる人に対してだろう。」
ほんとその通りで苦労して作っている生産者に感謝しないとダメですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

本日7時居酒屋集合! [ 椎名誠 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2016/10/12時点)





↓【十津川農場】ねじめびわ茶↓



posted by けん at 14:12| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする